房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作


フグ仕掛け 自作フグのカットウ仕掛けはこれまでも自作していましたが、どちらかと云えば「補修」で、古くなったハリスやカットウ針を変えたりする位でしたが、今回は全くの「自作」を考え、トライしてみました。

と言うのも、根にいるアカメフグを狙ったりする時、どうしても避けられないのが根掛かりで、これはまあ、税金みたいなものだと割り切っていたのですが、ある渋々の日に、後半、船長が根を中心に攻めはじめた時、1時間余りでカットウ仕掛けを4つロスしてしまいました。これは痛い。状況によってはもっとロスする事もあり得ます。市販の仕掛けだとけっこうなお値段になります。そこで、これは自作するしかないと決意し、「最も簡単で、安上がりな仕掛け」作りにチャレンジです。

ちなみに、これはあくまでも「私の作り方」で、もっとスマートな方法もあるかと思います。この方法で作って「釣れなく」ても、それはご容赦ください。

※補足:ここでの「仕掛け自作」はあくまでも「コスト重視」です。とかく仕掛けには一家言お持ちの釣り師がたくさんいらっしゃいますが、「絶対に釣れる仕掛け」が無い事だけは確かです。このページでの仕掛けは「構造的」な事だけですので、錘、ハリス、ビーズ、カットウ針等、幾通りもある仕掛け作りを楽しまれる方々の「創意工夫」「試行錯誤」にまでは立ち入っていません。

(1)
フグ仕掛け 自作
基本的に仕掛けは「自作」主義ですが、このカットウフグの仕掛けは、船宿自作や色々なメーカーから出ています。という事は、色々な作り方があります。で、カットウフグだけは市販品を使用していました。上の画像は私の仕掛け作りのいつもの準備風景(テーブルの上)。今回は、フグカットウ仕掛けをオーソドックスな形で自作してみます。

(2)
フグ仕掛け 材料
用意するものは上の画像のような材料です。
■ナツメオモリ(25号~30号、好みの色で)
■カットウ針2本(大きさ太さはお好みで)
■管付タチウオ針
■サルカン(4~5号)
■夜光パイプ(3号程度、2cm位にカット)
■蛍光玉(ソフト&ハードの2種)
■スリーブ(S、ハリスを圧着させるものです)
■浮き留めパイプ(ゴムの管、内径2mm位)

これはあくまでも「参考」として見てください。針の大きさや蛍光玉、サルカンなど、メーカーごとに微妙にサイズが違う場合もありますから。蛍光パイプも「蛍光」にこだわる事は無いと思います。赤や黄色などの色々なものがありますので、これも好みですね。カットウ針などは4本針を好む人もいますし、細軸を好む人もいます。ハリス絡み防止のためのパイプを使う人もいますが、私は使いません。

(3)
フグ仕掛け ハリス
次にハリスですが、私はナイロンの20号を使います。フロロカーボンでも良いのですが、ナイロンの方がクセが付きにくく、根ズレに強いと思いますので。ちなみにナイロンの20号だとSサイズのスリーブとサイズ的にピッタリなので加工しやすく、この仕掛け作りでは「ノットを使わない」簡単な作り方にしますので、20号でもOK。

一本のハリスで、錘の中をくぐらせて作りますから、ハリスの長さは余裕を持った長さで用意してください。カットウハリスを長く取る場合でも60cm以上取っておけば大丈夫でしょう。

※注意:このナイロンでの仕掛けは、「強くシャクル」人には不向きです。いくら20号とはいえ、錘が海中で跳ねるほどシャクルとカットウが絡みます。「タコのお手上げ状態」で仕掛けが上がってきます。強くシャクル人にはフロロカーボン(号数は10号以上かな…。お好みで)に絡み防止のパイプを使った仕掛け作りをお勧めします。

(4)
フグ仕掛け 自作
ハリスの片方をまずナツメオモリに通して、ソフトの蛍光玉と、2cm位にカットした蛍光パイプに通し、更にサルカンを通します。そして、そのハリスをまたソフト蛍光玉とナツメオモリに通します。蛍光パイプはハリスの保護のためですけど、絶対に必要なものではありません。念のためくらい。仕掛けのこの位置に蛍光玉のソフトを入れるのは、錘が動いてハリスを傷つけるのを防ぐためです。この後の作業で、できるだけ錘をピッタリと固定します。

(5)
フグ仕掛け 自作
次にナツメオモリから出た2本のハリスに、蛍光玉のハード、管付タチウオ針の管、そしてスリーブの順で通していきます。この三つを錘側にピッタリと寄せてください。そして、スリーブで圧着しますが、専用のスリーブ留めなど使わなくてもペンチで十分締まります。私はウォータープライヤーでギュッと締めます。

その際ハリスを傷つけないように気を付けてください。強度は十分です。これで私は1mオーバーのサカタザメを釣った事があります(自慢になりませんが)。ここでちょっとしたコツですけど、スリーブ留めする時にハリスを軽く引っ張るようにして反対側のソフト蛍光玉が少し潰れる位の位置でスリーブを圧着すると、錘が上下の蛍光玉に挟まれてピッタリと固定されます。下側にハードの蛍光玉を使うのはスリーブが抜けて錘まで抜けてしまうのを一応防ぐためです。あと、錘を通して引き出しておくハリスは余裕を持って長めに。スリーブで圧着したらハリスの長さを変えられませんから。

(6)
フグ仕掛け 自作
次の作業は少々力が要りますが、コツが分かれば簡単にできます、最初から力を入れてやると、手が滑って、下手をすると餌針にアオヤギではなく、自分の手が刺さる事になりますから。気を付けてユックリとやってください。2本のハリスに2cm程度に切った浮き留めパイプを通します。そしてそのパイプを餌針に針の先から通します。
コツと云いましたが、パイプを通す時、針がパイプに突き立ってしまうと作業がはかどりませんから、少しグリグリと回すような感じで通していってください。
そして、これまた少し力が要りますが、ハリスと針を揃えて、圧着したスリーブと管付タチウオ針の管が隠れるまでそのパイプを押し込んでください。少し斜めになりますが、問題はありません。ここまでくればほぼ仕掛けはできたも同然です。

(7)
フグ仕掛け 自作
後は、2本出ているハリスに、カットウ針を付けるだけです。これもスリーブ留めでやります。「フリーノット」というルアーの結び方もありますけど、20号ハリスでノットをやるのはちょっと難しいと思います。上手く結べないし、結べてもハリスの弾力で締めきれません。号数の低いハリスでやられる場合はチャレンジしてみてください。「フリーノット」とWEB検索すれば詳しい結び方が出てきます。

スリーブを通してカットウ針の管からまたスリーブに戻して針を留めます。この時、キツキツにするのではなく、カットウ針が自由に動くよう、隙間を開けてスリーブ留めをしてください。カットウ針が上に動く時、こうしておけば、針が上を向いてくれます。念のため余ったハリスの先に焼玉を作っておきます。ちなみに、私は短い方を12cm、長い方を20cm程度でやりますが、これはそれぞれの経験則で変えてください。私も、何度か変えてみて、とりあえずこの長さに落ち着いています。

※補足:カットウ針の大きさや太さは「お好み」でとしか言いようがありません。私自身も、色々大きさや太さを変えて、試行錯誤の最中です。お店の店頭在庫にもよりますので、特にこれと決めてはいません。店頭で見て、その都度選ぶようにしています。

(8)

これで、フグカットウ仕掛けの完成です。とにかく20号のナイロンハリスを使って、ノットをしなくてもよい作り方です。これがベストとは思いませんが、試行錯誤していくうちにもっと良い仕掛けができるかもしれません。

あくまでも「ご参考」ということで。この作り方を応用すれば東京湾フグ仕掛けも、一本針仕掛けも簡単です。

※補足:個人的には、一本針でも二本針でもそれほど釣果に影響は出ないと思っています。ただ、二本針でのフグ釣りには「ダブル(一荷)」がありますので、それは魅力です。根が少ない場所では二本針で、根のきつい所では一本針(二本の長い方を切り取る)、という使い方をしています。

フグ仕掛け 自作以上、「フグカットウ仕掛け 自作 チャレンジ」でした。この作り方に至るまで数日アアデモナイコウデモナイと色々考えましたが、当然、楽しい時間でした。自分の作った仕掛けで釣れれば、これまた楽しさ倍増です。ただ、針を扱う作業ですから、十分に気を付けて、慌てずゆっくりとやってください。この仕掛けを作る最中に、私の指に一つ穴が開きました。まあ、針をあちこちに刺してしまうのは釣りをやっていれば仕方のない事ですけど、気を付けて仕掛け作りを楽しんでください。

皆さまの「参考」程度になれば、嬉しく思います。

船釣りあれこれ 目次へ


アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りライフ 私的「船釣りスタイル」考
★船釣りライフ 私的「船釣りタックル」考
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
房総釣り師の釣具店

スポンサー リンク

他 リンク

「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.