TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

フグ釣り編 その1「フグは喰いたし、フグが喰いたい!」



フグ
私がフグ釣りを始めたきっかけは、いつもヒラメ釣りで乗ってる外房の船の釣りものスケジュールに「フグ」なるものが。「フグ?、フグって、どうやって釣るのかいな?」と仕掛けを調べているうちに「外房カットウフグ」なる釣り方がある事を知り、「フンフン、なるほど…」と、カットウと言う釣り方に興味を持った事がきっかけです。

と、動機をこのように語れば、予定調和的な経緯となるのですが、要は「フグ釣りってことは…、フグが食える!」という実にシンプルな思いが本音です。都内の某所でフグなど喰おうものなら、財布がすぐにスースーと寒くなります。まあ、店で食うのはトラフグですが、この外房カットウフグで狙うのはショウサイフグ。河豚調理師の免許を持った船宿で「ミガキ」という、すぐに食べられるような状態に捌いてくれるらしい。釣った魚を捌くのも楽しいが、これは確かに楽。人の話によると「養殖のトラフグより、海で釣ったショウサイフグの方が美味い」との事。これはやるしかない。頭の中はフグ刺しに鍋に雑炊(後で知りましたがフグの唐揚げは美味いですよ。お勧めです)、口の中にはヨダレ。

タックルもカワハギ竿で十分との事。カワハギ並みの軽い道具で楽しめそう。

フグカットウ仕掛け仕掛けは自作主義ですが、カットウ釣りなんて初めてなんで今回は船宿で購入しようと。仕掛けの図を見ると錘の下に針が出ていて、その下十数センチの所に、ヒラメの時のトリプルフック孫バリをドでかくしたような針(これがカットウ針)がぶら下がっています。上の針に餌を縫い付けて、そこに寄ってきた河豚を下のカットウ針でスッとひっかけるらしい。

釣り方を調べてみると、「フグのアタリは小さいから、時々空合わせして…云々」。ウーム…、マグレを狙える釣りか…。なんか姑息な釣りであるような気もしますが、フグが釣れるとなれば、それもOK。ホントは小さなアタリを捉えてスッっとカットウ針に掛けるのが上級者の釣り方らしいが、カワハギに何時もいじめられている身としては、自分の感覚よりもマグレを優先。

ちなみに、そういう一定の間隔で空合わせを入れて釣る方法を「タイム釣り」というらしい。おー! それそれ! なんか、マットウな釣り方の様じゃないですか。

よし! タイム釣りでフグを仕留めよう!フグ刺し、鍋、唐揚げで一杯…、と、取らぬ狸の皮を剥ぎ始めました。

ところが問題が。いつもの船はヒラメを看板にしています。週末はほぼヒラメ船。大体、フグ船は平日の午前に出ます(大原では午後船のフグは禁止)。その頃は仕事が忙しく、中々平日には休みが取れそうもない。が、フグはやりたい。そうこう悩んでいるうちに、平日フグ船の予定が船宿のスケジュールに! もう堪らん。

既に時効でしょうが、体調不良を理由に強引に休みを取り(だって、後ろめたいけど、会社泊まり込みが何日か続いてまして、ストレス溜まりまくりだったもので…)、即予約を入れて、元気いっぱいに大原へGO! 真っ暗な高速を、いつもよりは超安全運転で(これで事故でも起こしたら、サボったのがバレバレ。ヤバイっすよ)車を走らせる。けっこう、プレッシャー…。

しかし、波崎の梅干し同様(ヒラメその1)、やはり祟りと言うものはあるのでしょうか…。天気は曇りで海況もそれほど悪くない予報。雨ならなんて事もなし。頭の中にはまだ見ぬショウサイフグがウヨウヨと泳いでいるのですが、ちょうど九十九里バイパス辺りに差し掛かったころ、「ン…?」、何か遠くの雲がうっすらと光った様な…。心の中にポトンと一滴の墨のような不安が。「いやいや、大丈夫。なんか目の錯覚か、サーチライトか…」とそちらの方の空を見ないようにしてハンドルを握る。しばらく走っていると、また、何か遠くの空が光った様な…。心の中にポトポトと不安の墨汁が広がり始めます。

ハイ、不安、大的中…!!!!!!

大原港に着いた頃には海の向こうの雲が、切れかけた蛍光灯のように不規則に光っています。音は聞こえねど、禍々しい光景。そして、雨が降り始めました。雲が光り始めるサイクルが次第に短くなってきました。やがて、低い、聞こえるか聞こえないか程度の音で伝わってくる遠雷の響きが…。雨が次第に強くなってきました。

「いや、この程度なら船は出る!」そう、根拠のない強気でカッパに着替え、船長が来るまで車の中で待機。
もうはっきりと分かるほどにベカベカと光っている空。そして勢いを増してくる雨。更には風までが強くなってくる。くじけそうになる気持ちをグッとこらえて、船長の車が来るのを待つ。しかし、もう頭の中にフグは一匹も泳いでいません。

船長の車が来ました…。そのワイパー越しに見える、申し訳なさそうな顔の船長。それを見て、ドスンと鉛が腹の中に入った様な気分に。船長曰く「いやあ、あの雷だから、収まりそうもないし、今日は…」。

大原港を後にして車を走らせる私。「報いか…」。

雷の時に出る船はありません。なんせ、釣り師はみな避雷針を持っているようなものですから。港まで行っての不出船ほど情けないものはありません。怨む相手も、文句を言う相手もいませんから。

走る車のルームミラーには、ボボッボボッと威嚇するような遠雷が…。私の無理矢理カットウフグ釣行第一回目は、こうして見事、空振りに終わりました。

次の日、明らかに体調不良に見える顔でお仕事。皆は、無理するなよ、と優しく言ってくれますが、ホントの事も言えず、真面目に黙々と働く私…。

フグ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.