TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

フグ釣り編 その11「生簀のフグより、海のフグ 美味い!」



フグ
フグ釣行が続いております。釣趣もさることながら、美味いので。よく、フグを喰いに行った人が自慢げに何を喰っていくらかかった、というようなことを言いますが、私、下を向いて笑っています。確かに、生簀にトラフグが泳いでいるお店でフグを喰えば、財布もスースーとするでしょう。故に自慢する、と。

からかうつもりはありませんが、店の表にイケスがあって、そこに立派なトラフグさんが泳いでいる店を見かけますが、ショウサイフグが泳いでいるのを見たことはありません。ストレスをためて、餌抜きで泳いでいるトラフグを見ると少し可哀そうな気がします。釣り師にとっては自然の海の中から抜き上げていただくのがフグ!その美味さはお店で食べるフグとは比べ物になりません。これは本当です。仕事柄、接待でフグ料理を食べることはありますが「費用対効果」というか「費用対満足」というか、正直、昔からそれほど美味しいと思ったことはありません。なんで、みんなはそれほどフグをありがたがるのか? 自慢するほどに…。

おそらくはステイタスなんでしょうね。私にとっては、海で釣れる単なる美味い魚。しかも、3本指に入るくらい。船長も釣り客も「店で食べるトラフグより、自分で釣ったショウサイフグの方が美味い」と言います。私、トラフグはまだ釣った事無いですけど、アカメフグなら釣ったことあります。このフグ、トラフグに劣らず美味いと云われますが、私はちょっと身が固いという印象しかなく、やはりショウサイフグの方が美味い。そのフグを、お菓子でも食べるように存分に堪能できるのは釣り師の、まさに特権!

漁港 早朝で、またフグに来ました。段々朝も寒くなってきましたが、暗いうちに港に着いて、身支度を始めます。この瞬間が一番楽しい!右の画像は某大原の新港側から旧港側を朝の暗い時に写した写真ですが、何も見えないですね。しかし、この港の出船前の雰囲気が大好きです。頭の中には狙いものの魚がいつも泳ぎ始めています。と同時にボウズの不安も…。

やがて、釣り客の車が集まり始めます。ちなみに、漁港によっては本当に真っ暗な所がありますから、車の運転にはくれぐれも注意しましょう。ドキッ、とかハッとかはけっこうあります。頭の中が釣りの事で一杯になっているのはお互い様なのですけど、遊びで事故や怪我に遭うなど、バカバカしい事この上ないですから。

この真っ暗な景色の中で自分が乗る船の船長の到着を待ちます。で、船長が到着すると船のエンジンに火が入り、やる気満々になります。次第にあちこちの船のエンジンがかかり、釣り人の動きも忙しくなります。その光景は、その日の釣りものが何であれ同じで、一番ワクワクする瞬間なのです。船が帰ってくるときには釣り人の明暗がハッキリと分かれていますが…。

今日の釣果で、特にフグの場合は、(私だけかな…)釣果への期待と、その夜のフグ三昧が頭に浮かびます。釣りたい、と同時に、食べたい思いが強く湧き上がってきます。

いきなり話を端折りますが、とにかくそこそこの釣果があった日は帰りの車の中で鼻歌が出ます。頭の中には、まず刺身、そして鍋、空揚げ、骨酒…。涎が出てきます。私にとってフグとは生簀の中に泳いでいるものではなく、海から直接抜き上げて食するもの。フグ釣りは比較的、年数の浅い釣りものなのですが、釣行の頻度はドンドン高くなってきています。

ちなみに、フグは免許を持った船宿で捌いてもらえますが、けっこう皮や血が残っていますので、家に帰ったら、ヒレを落とすのと同時に、棒身を改めてきれいな「ミガキ」にします。もう、目の前に旨みの塊がコロコロとして、好きにしてくれと言わんばかりに輝いています。どれを刺身にして、どれを鍋にしようか。至福の時です。フグは冷凍の保存もしやすいので釣れすぎても(規定数は80匹ですが)困りません。

この話を書いている最中から、涎が…。肝心の釣りの話はすっ飛ばしてしまいましたが、フグはこれなんです。また、船宿に予約を入れてしまいそう。

フグ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.