TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

フグ釣り編 その22「フグの白子は喰いたし、暑いし…」



フグ
年ごとに夏が暑くなっているような気がします。もともと、夏にはあまり釣りはしません。理由は、暑いから…。船の上の夏の暑さは半端ではありません。身体からジュージューと焦げ臭い匂いがしてきそうで、気分は目玉焼き。それに、この季節は秋以降に比べて釣りものも少ないし。

しかし、夏には夏のメインイベントがあるのです。それは、シ・ラ・コ。白子です。魚の精巣。狙うのは主にイサキですが、これは「梅雨イサキ」で真夏はもう産卵後で白子も細っています。初夏に狙えるもう一つの白子はフグ。フグの卵巣には毒がありますが白子はOK。全くの無毒ではないそうですけど、まあ、食べても大丈夫。ちなみに、フグの卵巣を食する方法があるようです。それは糠漬け。なんかお漬物みたいですが、フグの卵巣を糠に付けておくと毒が抜けるのだそうです。とはいえ、ちょっと食べるのはビビります。禁断の味でしょうな。

今年は家の者の入院騒ぎや、その病院に見舞いに行ってもらってきたのか、酷い夏風邪を引いて、熱が楽勝で39℃を超え、もう意識朦朧で寝込んでいました。体重が4kg減りましたが、見た目は殆ど変わり無し…。「いやあ、酷い夏風邪で、体重が4kgも減っちゃって」なんて友人・知人に言っても、「フーン…」で終わり。お愛想でもいいから「そういや、ちょっと痩せたね」とか言ってくれないものでしょうか。

話を元に戻しますが、てな事で、今年はイサキの白子を逃してしまいました。あの「魔味」と呼ばれる白子の炙り焼きを…。で、その代わりに、フグの白子を狙ってみようかと。しかし、今の時期、外房のフグは禁漁期で、夏のフグは東京湾です。ですから、フグの白子が喰いたければ、「湾フグ」となります。が、以前にも書きましたけど、「湾フグ」と「外房フグ」は同じカットウ(掛け釣り)でも、全く違う釣りものなのです。で、私は「湾フグ」が苦手です。これもまた以前に書いた事ですけど、「湾フグ」は繊細な釣り方を要求されます。外房のウネリと荒波に揉まれながら30号(or 25号)錘で頻繁に底取りをし、豪快に掛ける「男らしい(?)」釣りとは違い、錘は軽い10号で、竿の穂先に出る小さなフグのアタリを目で取り、底まで誘っていき、掛けます。目が疲れてしまうこの釣趣がどうも性に合いません(腕ではなーい!)。

東京湾 フグ仕掛けしかし、「もう、湾フグはやらねえ!」と言いつつ、その湾フグの仕掛けをまだ大切に持っています。「技あり一本」という名前が何故か妙にムカつきます。

外房でのカットウフグ用竿は穂先を折ってしまいましたが、湾フグ用の竿ならアオリイカ用の竿か、穂先の感度が良いカワハギ・外房フグ兼用の竿でいけます。とにかく白子が喰いたい。

そこで、ここは手の平を返して「湾フグ」に男らしく臨もうと決意したのです。で、いつもの湾奥の船の出船状況を見ると…、何! フグ船が「スポット乗合船」になっているではないか! これは、配船の都合がついて客が集まれば出る、という事で、つまりはいつ出るか分からない…。完全に出鼻をくじかれました。隣の緑色の船はちょっと苦手だし(非難覚悟で言うと、常連にミーハーが多くヤカマシイ)。

白子が虚しく頭の中を泳いでいます。まあ、白子だけが泳いでいる事はありませんけど…。やはり私は「湾フグ」に縁がない。そうに決まっています。

ちなみに、イサキもフグも当然白子を持っているのはオスです。ですから、釣った魚の中に何匹オスがいるかで白子三昧を楽しめるかどうかが決まります。経験的には、産卵期の前にはメスの方が喰い気が立っているように思います。イサキで「白子率(オスの比率)」が30%なんて事もあります。近所にお裾分けする時、一応腹の中をチェックして、白子がいると、抜きます…。ハイ、ミミッチイ事、この上もありません。

それはそれとして(何が?)、今年の私の「白子」は幻と終わりました。秋になったら、居酒屋でタラの白子でも食べます…。

フグ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.