TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

フグ釣り編 その5「フグは片手で釣る…?」



フグ
フグ竿フグに連チャンで傷つけられた私は、心に期するものがあり、いざ(懲りもせず)大原へ。今回は短竿で勝負です。今までは2mのカワハギ竿を使い、波の荒い大原では長めの竿の方がうねりに対応しやすいので有利、と思っていたのですが、長めの竿の欠点というか、私の欠点なのですが、どうしてもアタリがあると大きく合わせてしまいます。それが長めの竿だと増幅されて、うまくフグに掛かった時はいいのですが、空振りになった時、仕掛けまで大きく動いてしまい、フグが散ってしまうのではないか…。そう考えて、今回は短めの竿で挑みます。

竿は調子が気に入って、カワハギ用にと衝動買いしてしまった某アルファのフグ竿(?)、絶潮竿ふぐ150! 型落ちで安く売っていた竿なのですが、この名前も気に入って買ってしまったのです。絶潮! 何か、イケてる感じじゃないですか。絶潮ふぐ! 変なものを想像しそうになりますが…。敏感ふぐって名前の竿もあります…。

この竿、まだ一度も使った事がないので新品です。遠目に見ると和竿っぽく見える所も気に入ってます。穂先を竿尻に収められるのでコンパクトです。カワハギ用にフグ用の竿を買った言い訳ではないですが、カワハギ竿は外房のカットウフグに流用できます。その逆もありです。リールは前回と同じでABU6500C3にゲーターの10インチハンドル。

ポイントについて、いざフグ釣り開始。その日は比較的うねりもなく、天気もいい。アオヤギをたっぷりつけて仕掛け投入!大きな合わせは禁物と自分に言い聞かせて、タイム釣りは置いといてアタリに神経を集中します。使ってみると短竿は軽いのでやり易い。で、竿先にピピッとくるアタリ。すかさず合わせます。ズンッ! 快感です。たまたま持っていたフグ竿(カワハギ用に買ったのですが…)、いいじゃないですか、これ!

ABUリール前半は何とかポツポツの拾い釣り。周りは全て常連さんで、フグをホイホイ上げていますが、気にしない気にしない、と自分の竿先だけを見つめます。時々、糸ふけがフッとでます。やはり凪っぽく見えても大原特有の長周期のうねりが船を上下させているようです。クラッチを切ったり、巻き上げたりして底を取ります。結構忙しい。ですが、海況は良いのでアタリは取りやすい。ただ、今日はファールチップが多いような気がします。アタリが来てフグにカットウが当たるまではいいのですが、フグが反転するようなコロリとした感覚が伝わってきます。長めの竿だと感じなかったものが、短竿だと感じるのでしょうか。それでも大合わせにならないように気を付けて、合わせを入れていきます。

前半でなんとかツ抜け。一安心。他の常連さんの桶はフグで一杯ですが、あのファールチップが取れていれば私だって、の思いから、合わせると同時に巻き上げます。少しでもカットウを早くフグに掛けたい!が、実はこれが大きな間違いだった事に後から気づかされます。

結局20匹には届かず、でした。竿頭は50匹くらい。まあ、今日は竿を換えての試し釣りと割り切って満足しましょう、と自分を納得させてフグが捌かれるのを見ていました。私のカゴに入っているフグは少ない…。で、船長がフグを捌きながら私にボソリと言います。「○○さん、右手がすぐにリールに行くけど、あれが無かったらもう10匹くらいは取れてたよ」。私、エッ…。「あの…、何で…ですか?」。全く訳ワカメ。

船長が言うには、フグのアタリがあったらまずしっかりと合わせてカットウに掛け、掛かった事を確認してからリールを巻き始めるように、と言う事です。それって、自分が考えていたのと真逆じゃないですか…。「掛けたと同時に巻き始める癖があるお客さんが多くて、その癖を取るのにしばらくかかるよ」とも言われました。掛けたと同時に巻き始めると、フグにカットウが掛かりきらないそうです。だから、ファールチップのような感覚が多くなる。私は釣りたいがゆえに逆をやっていた訳です。

船長から教えてもらったカットウフグの釣り方は、左手(右手でもいいですがリールのハンドルがどちらにあるか)でリールを操作してうねりに対応しながら底を取り、アタリが合ったら、まず確実に掛ける。それから巻く、という事だそうです。要は左手一本で釣る。右手ですぐにリールを巻かない。簡単に聞こえますが、これ、癖っていうより、釣り師のほとんどはリールのハンドルにすぐ手が行きますよ。直すのって、けっこう大変。野球のキャッチャーみたいに、右腕を後ろにやってようかな。

しかしですな、船長…。「そんなの、今教えないで、釣ってる時に教えてくれよぉ!」と言いたいのをグッと呑み込みました。

フグ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.