房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

私的船宿リンク 目次


【船宿さんのホームページ】
漁港私が行った事のある船宿を簡単にご紹介します。常宿を持っている方はそうでしょうが、私も、気に入った船宿があるとそこに通い続けます。別に常連扱いされたい訳ではありませんが、やはり一人釣行が中心ですので居心地の良い船宿に自ずと足が向きます。ただ、こればかりは相性ですので、人によっては気に入る入らないがあると思います。今は房総が中心ですが、以前は多少アチコチに足を延ばしていました。

ホームページから得られる情報はありがたいものですが、釣りものはその時の状況でけっこう変わります。ホームページが頻繁に更新されるとは限りませんので、遠慮なく電話して聞いてみましょう。

【重要】本サイトは「常時SSL化」しています。リンク先にはまだ「常時SSL化」未対応のサイトがあります。その場合、リンク先URLの"https"から最後の"s"を外すとリンクできます。

<エリア:外房 大原>

 臼井丸
●私が一番お世話になっている船宿です。いままで十数年の釣行でその3分の1くらいはここで遊んでいます。何と言ってもヒラメが売り物。船長は無口ですが、客に釣らせようとする意欲は満々。イサキ、根魚、テンヤマダイ、フグ等、色々楽しめます。気遣いの要らないお勧めの船宿です。

孝栄丸
●フグはココ。色々なポイントを(穴場も)探ってくれます。気さくな船長で、聞けば色々と教えてくれます。根魚は中深場でハチカサゴ本命。オニカサゴも狙わせてくれます。

敷島丸
●フグで有名な船です。他にも船があり、ヒラメなどにも出船しています。 ただ、グループさんが多いようで、一人釣行の私としてはちょっと…。人柄のよい船長です。

<エリア:外房 勝浦>

初栄丸
●船は小さいですけど、浅場の根魚から、オニカサゴ、ヤリイカ、深場まで楽しめます。イワシを釣ってそれを泳がせの餌にする根魚釣りはお勧め。道の狭いのがちょっと…。ちなみに、初栄丸という名前の船はけっこう多いのでお間違いのないように。大原にもありますから。

<エリア:外房 江見>

新栄丸
●ハナダイ・イサキ五目が年中楽しめます。房総でシャクルならここでしょう。根魚や泳がせもやってます。船宿で餌にマンボウの皮を粒状にしたものを渡された時は何かと思いました。

<エリア:南房 館山>

真澄丸
●知る人ぞ知るオニカサゴ釣りの大御所。ここでオニが釣れなかったら諦めましょう。船長はクセがあるけど、言ってることは筋の通った理論家。まあ、好みの分かれる船宿ですが…。

<エリア:東京湾 浦安

吉久
●説明の必要もありませんね。最初は隣の緑の船団の船宿に行くつもりがここの駐車場に間違えて入ってしまって、それ以来通っています。釣りものも豊富。

吉野屋
●言わずと知れた緑の船団。いつもたくさんのお客さんであふれています。私は吉久からお目当ての釣りものが出なかった時に行きます。隣ですから。

<エリア:東京湾 大井>

いわた
●誘われて夜アナゴ釣りに行きました。羽田沖から木更津沖までの行程はなかなか風情があってGOOD。駐車場が狭く、事前に確認(予約だったかな?)しなければいけないのがちょっと面倒。

<エリア:内房 勝山>

萬栄丸
●勝山では一番大きな船宿(でしょう)。釣りものも豊富。ここの売り物、夜クロムツ釣りに行きましたが、サメの大群にビビりました。勝山には他にもけっこう良さげな船宿があります。外房の大原、内房の勝山といったメジャーな漁港です。広い。

<エリア:外房 飯岡>

隆正丸
●飯岡で一番大きな船宿だと思います。釣りものも豊富。宿泊施設は何年か前に建て替えてきれいです。漁港からも近いし、宿も大きく、くつろげます。グループ、ファミリーが多い。

第一進丸
●ヒラメ専門と謳っていますが、ヒトツテンヤマダイやフグなど、他の釣りものもやってますね。私はアイナメ釣りで乗りました。ここの自慢は何と言っても昼食。豪華! 一度は行く価値あり、昼飯喰いに…。

<エリア:三浦半島 東京湾側 大津>

いなの丸
●引っ越すまで(遠くなってしまいました)、久里浜のマダイ狙いはいつもここでした。ここは穴場です。比較的空いていますが駐車場の狭いのがちょっと…。釣りものも豊富です。

<エリア:三浦半島 東京湾川 久里浜>

ムツ六
●人に誘われてコマセマダイに行きました。久里浜の釣り場まで近いのが一番のメリット。

<エリア:三浦半島 間口>

喜平次丸
●イカとオリジナルの仕掛け開発で有名。私はこの船で初めてのアオリイカを釣りました。ワラサ・イナダ狙いでもけっこう客を集めています。剣崎沖の方に出ますね。

<エリア:三浦半島 相模湾側 佐島>

海楽園
●ライトな釣りを楽しむならここ。特に春先のイワシメバル(イワシの活き餌でメバルを狙う)は有名。ライト五目もけっこうな人気。砂浜なので、船は沖に泊めてあります。乗船は小型船で。ちょっと慣れるまでは…。宿の対応はかなり良いです。宿へと入っていく道は超狭い…。

<エリア:相模湾 茅ヶ崎>

一俊丸
●ここも人に誘われてコマセマダイに行きました。ここの面白いのは深場の五目だったのですが、今はやっていないみたいですね。ライトな釣りものが多くなっています。駐車場は砂浜。スタックに気を付けてください。漁港も広く、周りに良さげな船宿が結構あります。

<エリア:伊豆 土肥>

とび島丸
●船は遠征用の船だけあってなかなかガッチリしてます。船宿のブランド品。初心者には敷居が高いかも、です…。ちょっと、上から目線…。

<エリア:伊豆 神津島>

重郎平丸
●一度、遠征釣りなるものをやって見ようと乗りました。船は下田から出ます。結局、遠征は私には向かない釣りでした。船の中で寝るのはなんとも…、です。

<エリア:伊豆 下田 須崎>

若宮丸
●私のコマセマダイデビューの船宿です。結局不発でしたが、途中の大渋滞と河津桜が思い出に残りました。大マダイ一発勝負の人には行く価値のある漁港かも。

<エリア:茨城 鹿島 波崎>

作田丸
●私のヒラメデビューの船宿です。面白い船長です。それが一番の思い出です。

以上の他にもいくつかの船宿で遊びましたが、後継者がいなかったり、船長が体を壊したりで廃業した船宿も、残念ながらいくつかあります。気に入っていた宿がなくなるのはさみしいものです。また何年も前に行って、忘れてしまった船宿もあります。おそらく、忘れてしまいたい宿なのでしょう。

今は殆ど房総半島がフランチャイズのようになっていますが、良い船宿はたくさんあります。まあ、その逆の船宿も確かにありますが、色々な船宿に行っていると自分が一番くつろげる宿が必ず見つかります。また、自分が好きな釣りものも絞り込まれてきます。ノンビリできる船上と釣りもの。最高の遊び場を見つけましょう。

ちなみに兄弟サイトの「ボート釣りを始めよう!」ではボート店さんの紹介もしています。そちらもよろしくお願いします。

遊びましょう。

トップページへ


アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りライフ 私的「船釣りスタイル」考
★船釣りライフ 私的「船釣りタックル」考
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作


■カタログ気分で色々検索。掘り出し物が見つかることも…。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■ちょっと気になるサービス&商品のご紹介。
●マイクロフリップ、EZノッター、次世代オモリROCKなどユニークな釣具【Gear-Lab】
●リールのカスタムパーツなら、HEDGEHOG STUDIO
●【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】
●Huluオススメ
●国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】
●月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

■「釣り」以外をテーマにした運営サイトのご案内。
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.