房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

船釣りあれこれ お約束の「船酔い」対策


「決定版はありませんが、お約束の船酔い対策…」
船釣りやボート釣りをやってみたいという人にとって、まず最初の「関門」となるのが「船酔い」でしょう。「船酔い」が起きる原因は(一般的には)、「目で見ている景色と、身体が感じる揺れや振動とのズレが引き起こす」ようです。つまり、人の平衡感覚は内耳の「三半規管」が司っていますが、「目」からの情報で「脳」が認識する自分の状態(感じる動き)がそれとマッチングしない時、気持ちの悪さを覚える「船酔い」になってしまうとか。これは他の乗り物でも同様ですけど、とは言え、必ず全ての人がなる訳でもなく、例えば私は一度も船酔いを経験したことはありません。どこか変なのでしょうか…。

私の釣り仲間に「船酔い釣り師」がいます。船釣りが大好きなのに、海況が悪い時、決して安くはない船代を払って、沖に出た途端、仕掛けを一投もすることなく、船のキャビンで一日を過ごす事があります。それでも船釣りが好きで止められないそうですが。

外房辺りの荒波が平気な人でも、東京湾辺りのコチャコチャした波で船酔いする人もいます。おそらく「波のピッチ(波長)」が違って、感じる動きが変わるからでしょうか。酔いやすい人は波の穏やかな湾内のボート釣りでも酔ってしまいます。船酔いが始まった人は、口数が少なくなり、眠そうな目つきで顔色も悪くなり、ついにはダウン…。船酔い対策に「決定打」はどうも無いようですが、一般に言われている「船酔い」対策をまとめてみます。どれか一つ効果があれば、ラッキー…、ということで。
<自分に合った「酔い止め薬」を見つける>
酔い止め
まずは「酔い止め」の薬です。色々な薬が市販されていますが、体質に拠るのか、どうも人によっては効いたり効かなかったりするようです。画像は周りの釣り師たちがよく使っている「センパア」という薬です。ドリンクタイプもありますが、これは一日一回、乗船する1時間位前に飲むタイプのようです。錠剤タイプは1日3回くらいまでで、これは船に乗る前に飲んで、途中で「酔ったかな」と感じたら追加して飲めるタイプのものです。私も「いざ時用」でバッグに入れています。船宿で売っている所もあります。自分に合った薬が見つかれば、それが一番確実な船酔い対策になります。

余談ですが、薬には「プラセボ(プラシーボ)効果」といって(「偽薬効果」とも云いますが)、これは頭痛の人に頭痛薬だと伝えてただのビタミン剤を飲ませると、50%近くの人が「頭痛が治った」となることです。ですから、新薬の開発には、この「プラセボ効果」を上回らないと認可が下りないそうです。「信じる者は救われる効果」でしょうか。しかし、何であれ「効けば正義」です。

<前日はアルコールを控え、十分に睡眠を取る>
目ざまし時計
分かってはいますけど、これがけっこう難しいんですよね。釣行の前日は「子供の遠足」みたいなもので、なかなか寝付けない。その内、お魚さんが頭の中を泳ぎ始めるとますます頭が冴えて、ついつい一杯なんて事に…。週末釣り師は前日のお付き合いで二日酔い気味だったり…。

そんな時は「とにかく布団の中に入っている」のが効果的なようです。これはお医者さんから聞いたことなのですけど「なかなか寝られなくて」という人でも、とにかく「布団の中で横になっていれば、実際には寝ている」のだそうです。寝よう寝ようと無理に思わず、とにかく布団の中で横になっていれば、ある程度睡眠はとれるようです。お酒は…、意志の力で…。
<乗船前に何かを軽く食べておく>
朝食
これにはどのような効果があるのかよく分かりませんが、まあ「朝ごはんはちゃんと食べるように」という事でしょうか。酔い止め薬を飲む時のお腹のクッションみたいなものでしょうか。私は食べたり食べなかったり。最近では「ゼリータイプの栄養サプリメント」なんてありますからそれを食べる(飲む?)程度です。「空腹で船に乗らない」ことが船酔い防止と、どう医学的に関係があるのかはよく分かりませんけど。多くの人がそう言って、乗船前に軽くパンやおにぎりを食べています。

<船釣りの服装はユッタリと 体を締め付けない>
パンパンの姿で船に乗り込む人は見たことありません。レインスーツはもともとがユッタリ目にできています。私はサイズを一つ大きいなものを着るようにしています。ただ、冬に、寒いからと云って何枚も着込むと、着ぶくれで体が締め付けられますので出来れば使い捨てカイロで調整するといいかと思います。意外と、下着がキツイ場合がありますので、誰に見せる訳でもありませんから、着古したよれよれのものが楽だと思います。

レインスーツはファッションの内に入るのでしょうから好き好きが出ると思いますが、意外と「ゴアテック」とか「新素材」のものより、漁師さんが来ているようなポリ引きのサロペット(肩ベルト付き)なんかが楽ですよ。欠点は、天気の良い日にちょっと蒸れることですけど。

<時々、目線を遠くに向ける>
水平線
船の上でスマホや携帯をジッと見ている人がいますけど、あれはかなり高い確率で酔うと思います。目線は手元に固定されているのにドンブラコッコと体は感じる訳ですから、典型的な船酔いの起きる状態となるのでは。竿先をジーッと見つめすぎるのもよろしくないかも。とにかく、時々、遠くの水平線辺りをボヤーッと見ているのが良いみたいですよ。「船酔い釣り師」は時々、水平線を眺めています。

<揺れの一番少ない、胴の間に座りましょう>
船釣り

「胴の間」とは釣り座の事ですが、船の真ん中辺りです。船釣りをやる人は釣り座にこだわる人が多く、艫(船の一番後ろ)やミヨシ(船の一番先)の四隅が一番人気のある釣り座です。確かに潮の状況によっては釣れる場所なのですが、胴の間でも釣る人は釣ります。ミヨシは一番揺れの激しい釣り座です。艫は、船によるのですがここもけっこう揺れますよ。船の重心は真ん中に在りますから、そこから遠い場所が揺れるのは当然です。船酔いを避けたいなら胴の間に釣り座を構えましょう。

それから、これは船の造りに関係してくるのですが、艫というか、船の後ろの方には「排気ガス」が集まりやすい所があります。これは船酔いの引き金にもなるし、それ自体気持ちの良いものではありません。排気ガス臭い位置は避けましょう。

一番確実な方法は、天候の悪い日には釣りに行かない、ということですが、まあそうもいきませんよね。「船酔い」は慣れるのが一番と船長は言います。ある船長、昔はバスに乗っても酔ったそうです。今でも時々酔う事があるそうです。

実際、「船酔い」というか、「乗り物酔い」に悩んでいる人は私の周りにもけっこういます。だからでしょう。「酔い止めグッズ?」にも色々なものがあります。「酔い止めブレスレット」「手首の裏にあるツボを絆創膏に米粒を付けて貼りつける」「刺激系のガムやキャンディ」「梅干(これは船釣りでは縁起が悪い、と言われています)」等々。シンプルに「胃薬」がいいと言う方もいます。どれが合うのかは人それぞれとしか言いようがありません。

人間には「暗示」という能力があります。「絶対に俺は酔わない!」と心の中で言い張れば、酔わないかも、って保証はできませんけど…。

船釣りあれこれ 目次へ


アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★色々船釣り編 その20「イサキにはあの針が何に見えるのか…」
★船釣りライフ 私的「船釣りタックル」考
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

スポンサー リンク

他 リンク

「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.