TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

イカ釣り編 その3「雨のち晴れ 釣れる時は釣れるのです」



イカ
とにかく前回の釣行で初アオリイカが釣れました。確かにあのズンッと来るような(私はピッかビッのような感覚なのですが、小さいからかな…)手ごたえは、それまでのスカッスカッの連続からいきなり来ますので、来れば面白い釣趣です。竿先を止めるようにカッと掛かってくるのはフグのカットウに感覚が似ていると思うのですが、フグにはわずかながらでも前アタリがありますけど、アオリイカはいきなり来ます。それにフグは膨らんでくるとだんだん重くなりますが、アオリイカはシュンシュンとジェット噴射で小気味よく引いてきます。まあ、釣れればどちらも面白いですけど。

で、その釣趣を再度味わうためにまたまた間口港へ。今回は連れと一緒で3人での釣行です。3人並んで左舷の胴の間に陣取り、楽しくアオリイカ釣りの開始。その日はいきなり良いポイントに入ったのか、開始間もなくミヨシの方から釣れ始めました。どうもアオリイカはアナゴと一緒で釣れる位置が偏るようです。船長は極力公平になるよう、潮を読んで操船するのでしょうが、それでも釣り座によって釣果が偏ります。その日は満船。船の上をグルリと釣り客が囲んでいます。

暫くミヨシに釣果が偏っていましたが、それが右舷の方に移ってきました。われわれはまだ何も無し。中盤位に今度は艫の方に釣果が偏ってきました。何となく期待感が膨らんできます。順番から行けば、今度は左舷に!しかし、中々釣れません。そうこうしているうちにまたミヨシ側に釣果が偏ってきました。我々は「順番を飛ばされた」ような気分です。

相変わらず左舷の胴は釣れません。終盤に入ってようやく私に来ました。まあまあの型。やっと来たかと思いましたが、続きません。左舷の釣り人は拾い釣りのような状態です。何人かは釣っていますが、我々3人グループの内、私以外の二人にはまだ一杯も来ない。私は前回実績の出たショートピッチの跳ねあげシャクリ。隣の二人は正統(?)頭上降り上げシャクリ。隣の二人には全く来ません。

沖上りの時間、その日は船中大釣りの日になりましたが、何と我々3人は私がかろうじて3杯。他の二人はボウズ…。竿頭はミヨシに陣取った方で、ツ抜け。で、何と船中ボウズは私の連れ2人だけ…。もう何の会話もありません。陸にあがったらそのまま何の盛り上がりも無く解散…。私、一応3杯釣れたのでそれなりには面白かったのですが…、二人は…。釣り方なのでしょうか?そういうものなのでしょうか? 船中ボウズが私のグループの二人。運もあるとは思いますが、悪い意味でかなりの確率…。

私、アオリイカの釣趣にちょっとハマってしまい、今度は一人釣行。船宿は気分を変えて三浦半島は佐島の某船宿。釣り場は同じく相模湾。ここは船が沖に停泊していて、その船に艀で移動し、乗船します。辺りが砂浜で桟橋がありませんから。艀にはちょっと抵抗があるのですが、かなり人気のある良い船宿です。間口港よりも私の家から近いし。引っ越してからは行かなくなりましたが、お勧めの船宿です。

アオリイカで、その日の釣果は何と8杯! やはり、シャクリ方がハマったのでしょうか。その事は前回の二人に永遠の秘密です。このHPのタイトルは「釣れる時は釣れる!」で、確かにそうなのです。泣いても喚いてもダメな日はダメです。その日はオマケに、浅場に上がっていた(何ででしょう?)ヤリイカも1杯来ました。胴長40cmの良型です。

その日から暫く我が家はイカ三昧!釣り師冥利に尽きる楽しい宴です。さて、そこで考えるのですが、アオリイカは確かに釣果が釣り座で偏ります。しかし、釣れる釣れないは運でしょうか? 腕でしょうか? 何でしょうか? 釣れない理由が分からないのに、釣れる理由は分かりません。それが面白さというのは簡単ですが、ここで私は考え込みます。取りあえずの答え。釣り師は海という自然と遊びます。この自然なるものは気まぐれ。だから、その気まぐれを全て受け入れて遊ぶのが釣り師。そこに楽しさが生まれてくる、と。中途半端な能書き?ですね…。

イカ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.