TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

イカ釣り編 その4「なに、長竿釣法! これはやらねば!」



イカ
「アオリイカの長竿釣法」。この言葉を見た時は少々驚きましたね。アオリイカはワンピースの短竿で、シャクリマダイみたいに釣るものと思っていたのに、長竿とは…。世の中、ライトタックルと称して竿も軽くなり、傾向としては取り回しの難しい長竿が少なくなって短い竿が主流となってきているのに。私が釣りを始めた頃はマダイで3mでも短いと感じていましたが、最近は手持ちの2.4m程度でやっている人(特に若い人)が多い。

この時代に逆行するような釣法、金沢八景の有名な某船宿で考案されたものらしく、相模湾ではかなり普及している様子。アオリイカは暫くやって無かったので(カワハギに熱くなりすぎていまして…)この釣法を見て、がぜん興味が湧きました。もとより私は長竿好き。理由は特に大した事でもないのですが、昔の竿はみな長く、その感触でズッと釣りをやっているという程度なのですが、ヒラメでも3.3mのグラス竿を手持ちでやっています。周りの人の竿は随分とライトタックル化していますが。

アオリイカ長竿で、そのアオリイカ長竿釣法の竿ですが、どうもメバル竿がいいらしく、長さも3m位との事。おー、バッチリ! 私のエビメバル用の竿、某アルファの「本調子(古い3本継の竿です)」とリールはABU3500Cがピッタリじゃないですか(右の画像)。仕掛け自体は同じ。これはやらねばなるまい。

と、三浦半島佐島の某船宿に予約(アオリは要予約)を入れて、横横道路をスッとんで行きました。ここは前回アオリイカが好調だった船宿。その時には長竿でやっている人はいなかったと記憶していますが。一応、短竿も用意はしてありますが、船に乗ると、なるほど、皆といっていい位、長竿です。なーるほどね…。前回と同じ船に乗っているのですが、景色が全然違う。アオリイカ船じゃないみたい。

早速釣り開始です。仕掛けはいつもと変わらず。10号の中錘に4m程度のフロロ4号ハリス、4号の餌木。一応、長竿釣法のイメージトレーニングはやってきましたが、どうにも勝手が違うので、戸惑います。短竿のようにシュッと言ったシャクリではなく、長竿のしなりに任せて成り行きでシャくる。もっとも素早くシャクッても竿が戻らず、餌木が動かないでしょうね。艫のほうで上がり始めました。私はミヨシ。艫のお客さんは慣れた手つきで長竿を操っています。竿のシャクリ幅、間隔、ここは真似をするにしかず。

しかし、別の釣りものをやっているような感じなんですが、メバル竿のしなりは気持ちいい。アオリがかかった他の客の竿を見ていると何が釣れたのかという位、気持ちよく満月です。ちなみにまだ考案されて日も浅いこの長竿釣法ですが、何故これだけ急激に普及したかという理由ですが、簡単、釣れるからだそうです。それから、短竿で1日中スカスカとやっていると疲れますが、この長竿、比較的のんびりしたシャクリなので、竿が長いのに、それほど疲れません。というより、楽。シャクリは竿の自然なしなりでおこないますから。

多分、この辺りにこの釣法が普及した理由があるのでしょう。竿のシャクリが自然ということは、海中の餌木の動きも自然なのかな?短竿のピッとした動きではなく、ちょっとフワッとした感じになるとか…。最初は長竿だと餌木の動きが小さくなるのでは、と考えていたのですが、考案した某船宿曰く、手元の小さな動きに反して、竿のストロークが大きくなる分だけ餌木は充分に動いてくれるそうです。海の中を覗けないので確かめようは無いのですが、手元にくる感じでは、充分、動いているように思えます。

しかし、釣れません。周りを見ても早目の時間に艫で上ってから後は、パタッとアタリが止まってしまいました。私、ついに長竿から短竿に換えて、いつものやり方に戻しました。堪え性がありません。それからしばらくして、ミヨシの私と反対の釣り座にいた人が掛けました。竿が大きく曲がっています。かなりの良型の様子。上がったのは2キロオーバーのアオリイカ!ちなみにここの船宿では毎年「アオリイカ・ダービー」(他の釣りものでもやっていたかな?)をやっていて、そのシーズン中、最も大型を上げた人がチャンピオンです。釣り上げた方は即、検量していました。もちろん胴に入った海水は出して。

しかし、でかいアオリイカです。長竿の事を聞いてみると、マゴチ竿を改良して使っているそうです。うーん…、やはり長竿か…。私、即、長竿に戻しました。節操はありません。しばらくやっていると、やっと来ました。竿が気持ちよく曲がります。上がってきたのは600g程度のアオリイカ(私は検量しません…。いえ、やってもらえません。当たり前か…)。しかし、何とも言えず、気持ちの良いアタリでした。

その日は船中渋い日で、私はその一杯だけ。感想としては微妙です。これで釣れれば単純に「やっぱり長竿だよね」ってなるのでしょうが、どちらが良いのかよく分かりません。釣趣としては、短竿なのですが、この程度では比べようも無し。その後、もう一度挑戦しましたが、中位のサイズが2杯…。

長竿の恩恵には与かれませんでしたが、アオリイカもエギングやスパイラル釣法など様々に進化して、人気の釣りものになっています。私はその後は専らボートからキスやカワハギ釣りの合間にオアリイカを狙っています。ボートですから短竿です。たまにキス竿でナンチャッテエギングをやっていますが、釣れません。キスやマゴチ狙いの外道でコウイカはそこそこ釣りましたが。餌木には来ませんが、活き餌には来ます。

結局、船からのアオリイカ長竿釣法なるものの真価を味わう事はありませんでしたが、今は主流になっているのでしょうか。船からのアオリイカはもう長くやっていませんから分かりません。いまはエギングが流行っているみたいですね。いずれにしても、「釣り釣り徒然編」の中でもかきましたが、釣りに、これってメソッド(あるにはあるんでしょうが)が固定して長続きする事はなく、メーカーの研究・商品開発のペースもあるでしょうが、釣法は様々に変わって行くのでしょう。それでより釣りが楽しくなれば大いに喜ばしい事と思います。

私は、相変わらず、テキトーにやっていますが、知らずの内に竿やリールは増えて行きます。進化なのやら、信念が無いのやら。まあ、楽しくて美味しければ、それが私にとっての釣りだから…。

イカ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.