TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

色々船釣り編 その1「五目に外道無しとは言え、江見に散る…」



色々船釣り
私、始めての釣りものでは大概、撃沈します。世の中にはビギナーズラックという言葉がありますが、私には縁がないみたいです。ウィリーなる釣りを知って「これは面白そう」と新し物好きの私はすぐに飛びついてしまいました。ただし、そのウィリーなるものに関する具体的な知識は当然無いも同様。ただ、餌付けが要らない釣りといった事だけで飛びついてしまった訳です。

コマセカゴ知り合いの勧めで向かったのは外房は江見。ここは海底の地形が起伏に富んでいるのか、浅場あり、深場ありで色々な釣りものの船が出ています。ハナダイ、イサキだけでなく、ヤリイカや深場の根魚、アコウを狙わせてくれる船もあります。しかし、まだ船釣りを初めて間も無い頃の私には全く縁のない世界。釣りものはハナダイ・イサキ五目。このころはまだLサイズのコマセカゴが使えましたが、今はFL(サニーカゴの黄色いやつ)のみ。飯岡、片貝から大原とコマセカゴの規制が南下し、今や外房の野崎灯台がコマセカゴ規制の境目くらいでしょうか…。

このコマセに関する規制、千葉の外房はけっこう厳しくなり、茨木では全面的に禁止です。このコマセ釣りへの偏見・矛盾に言いたい事はありますが、これはまたの機会に譲りまして、何はともあれ初シャクリ釣り!

房総半島を内房の姉ケ崎辺りから横断し、一路江見へ。ハッキリ言って天気は荒れています。当時はそんな事あまり考えず、釣りしたさの一心でしたが、江見の海況は出船微妙。風が唸っています。宿で受付を済ませると、オキアミが売っているではないですか。ウィリーだから餌は要らないと思っていた私、オキアミをつけるといいよ、という船宿の方のお勧めに一箱買いました。ふーん、マダイと同じジャン…。ちなみに、その日は何故か頂けませんでしたが(希望者のみだったのかな?)この宿ではマンボウの皮を米粒大にしたものを餌として使わせるとか。オニカサゴでマンボウの皮なるものを船宿からもらって使いましたが、とにかく堅い! 餌持ちは抜群です。

てなことで車を漁港に移して用意万端、でしたが、どうも出船するかどうかを船長が迷っているみたい。そんなぁ、またぁ…、釣らせてくれよぉ…。風は相変わらず唸っていますが、結局、1時間待って、出船決定!ウィリー釣りのイメージトレーニングは一応程度。竿はこの日のために用意した下したての「ウィリー幻波225」!この竿、その後も10年以上使っていますが、シャクリの調子は抜群。こいつだけは浮気もせずに使い続けています。余談ですが。

さ、出船。私の釣り座は生意気にもミヨシの右舷。波が高いので、みんな避けたみたいね。そこが空いていたから座っただけです。確かに揺れるわ揺れるわ、ロッドキーパーにセットしてある竿が跳ねます。波もシコタマ浴びました。それでも船酔いに強いのが唯一の取り得。船の揺れを楽しみながら初の釣りものに、ポイントへ着くのを今か今かと待ちかねていました。

ところがです。これまた初めてつけたライフジャケット(その当時は、付けていない人が多かった)の締め付けがきつかったのでゆるめようと思いましたが、なぜかどこをどうすれば緩められるのか分からない。そうこうしているうちに、ちょっと気分が。えっ…、これって、フ・ナ・ヨ・イ…。何となく胃の辺りがムカムカとする。ライフジャケットがどうにも緩められないので、前のジッパーを空けて、一息。すると楽になってきました。あれが船酔いってやつなのか…? これが後にも先にも初めての船酔いっぽい体験です。やはり、よく言いますが、ウェアーには余裕を持たせて、身体を締め付けるのは良くないみたいです。

さて、船はポイントへ。仕掛けは風で宙を吹き流し状態。カゴにコマセを詰めて第一投!船長の指示棚付近をとにかくシャクッって探ります。何も来ない…。第二投!何も来ない…。第三投!ずっと何も来ない…。ここで船長がポイント移動。けっこう走ります。着いたところで指示された棚は八十数m。えっ…、そんなに深いの…。思っていた手軽な釣りのイメージは瓦解。ここでもやはり何も来ません…。コマセの入れ替えで巻き上げるのに疲れる事、疲れる事。次第に入れ替えがいい加減になってきます。下針に付けていたオキアミはそのままの姿でお戻りに…。

結局この日は、浅場に戻ってから喰いついてきたマルソウダが数匹。

仕舞の時間が来た時、隣の釣り人がボソリ。「船長の作戦ミスだな…。最初から浅場にいりゃいいのに」とか。そういうものなんですね。船長は釣らせようとしてポイントを選択するのでしょうが、まあ、自然が相手ですから外れる事も当然あり、と。船長の作戦なら仕方ない、と勝手な納得をして、竿を仕舞いました。私の初ウィリーは荒れた海況の中で見事に散りました。ハナダイもイサキもいませんでした。船中も渋々。

マルソウダ イラストその頃はマルソウダもヒラソウダも区別はありませんでしたが、その違い、分かります?(兄弟サイトのお魚料理に記してあります) ヒラソウダは美味いですよ。が、マルソウダは血合いが多く、刺身で食すと腹を壊すかも。私は、知らないながら、血合いを嫌って、白身部分のみを切り取り、ナマリ風の酢のものにしていただきました。まあ、折角の獲物ですから、いただきます、と…。

あの頃は、マルソウダでも立派な獲物でした。いまでは即リリース。マルソウダを食したのはそれが最初で最後でした。 

色々船釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.