TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

色々船釣り編 その3「腕がダメなら道具ってか! ほっといて…」



色々船釣り
腕がダメなら道具で…。これだけは言われたくありません。しかし、残念ながら、道具を換えてみて釣果が上がったことは確かにあります。それがカワハギです。これまた残念ながら、フグも道具で釣果が上がる…。フグはカワハギのタックルをほぼ流用できるので、カワハギ用の竿の中からフィット感の良いものを使っています。
カワハギ竿
何本カワハギ竿を替えたのでしょう…。最初の竿はミサキの名竿(私はそう思っています)ボートスティックW200(写真の上から2番目の竿です穂先の根元を破損して、いまはW190です)。その次は、中通しが良いのではと思い、SZMの江戸前シリーズ(なんか玄人っぽい)。次が知る人ぞ知る、久比里はヤギタの夫婦橋(写真の一番上の竿。名前に艶があるなあ…)、次が…、とキリがないのですがあとは無名の短竿や、宙釣り用に穂持ちの柔らかな奴とか、アオリイカ用の竿流用とか(上の写真以外にも何本かあります…)。

一番実績の良いのはさすがに久比里(知る人ぞ知るカワハギのメッカ)はヤギタの夫婦橋。周りの釣り師からは「和竿ですか、穂先はクジラですね」と言われますが(気分は好い)、実はカーボンロッドのボディに手元が糸巻きで、穂先はクジラ穂に似せたグラス穂。今の竿と比べたら少し重いかもしれませんが、こいつはもう多分手には入らないでしょう。今のヤギタは別のシリーズ(たしかハギの心とかいった、ワビサビのような名前)を出しています。

けっこう叩きまくったので穂先の塗装がハゲハゲになっています。ボートスティックも良かったのですが、何が悪いという事も無く、衝動買いで竿を替えました。すると確かに釣果が伸びまた…。この夫婦橋という竿は剣崎沖の深場でデカカワハギを狙う、かなりハードな穂先を持っています。私はもっぱら内房総。釣果が伸びた原因は恐らく「感度」かと思います。と言って、前の竿の感度が悪かったとは言えないのですが、私の太い腕に合ったのかもしれません(?)。人と言うのは欲の深いものです。この竿でツ抜けすると、「もっと釣れる竿があるのでは…」と根拠も無い邪な思いがムクムクと。

それからが竿トッカエヒッカエでした。今は結局この夫婦橋に戻っています。穂先が折れるまで使うつもりです。確かにカワハギはテクニカルな釣りで(フグもですが)、道具に負う処が大きいのでしょう。ちなみに、剣崎や洲崎辺りまで行けば、ツ抜けは当たり前なのでしょうが、東京湾ではなかなか厳しい。船長曰く「ツ抜けしたら、昔は記念のバッチ渡していたからね」。ま、それはPEラインが普及する以前の事でしょうが、確かにゾロゾロと釣れるものでもないし、それ故に熱くなります。

が、もちろん、どの船にも名人と言うか怪物がいます。周りが数匹上げている時にもう三十とか四十…。ハッキリ言って、腕なのでしょう。私、その名人の釣り方をマジマジと観察しましたが、名人は「釣り座は選ばない、餌は船宿のもの、仕掛けも市販品」。竿もリールも道糸も、これと言っって変わったところは無し。しかしですよ、しかーし、カワハギが次から次に吸いつくように釣れてくる! 「何で…?」

私、その宿の大船長に聞きました。「あの名人の秘訣って、何?」答えは一言「分かんねえんだよなあ…」。答えになってないじゃない。もう名人、怪物、別格、宇宙人(失礼)とでも言うしかないじゃないですか。よく競技会では「針をマメに替える、餌はキチンと小じんまり付ける、強く合わせない」とかとか言って、緊迫した中で名人たちが釣っていますが、その方は実にノンビリと無口で、次々にカワハギを召し取って行きます。一度、私の隣にいた二人連れの釣り師が、名人の方を見やって「あいつが一人で釣るから、俺たちゃ釣れねえんだ…」と、小声で言っているのを聞いた事があります。…って言ったってなあ。情けねえ事、言うなよ、と思いましたが、不謹慎ながら、気持は分かる…(私も情けねえ)。ま、腕のない釣り師は、道具の力を借りるしかないか。いいんです。ほっといてください…。

ちなみに余談です。高い道具が必ずしも良いとも思いません。要は自分の好みと言うか、感覚だと思います。良い竿に出会うまで(見つけるまで)の試行錯誤は仕方なし(楽しいと言えば楽しい)。ヤフオクもいいですけど、ある程度タックルの知識を持っていないと、使わない竿やリールが増えてしまう事にもなります(私の事…)。もちろん、掘り出し物もありますが。 通りかかったついでに、釣り具店を覗いて見ると、型落ちの竿やリールが、かなりお得な価格で並んでいることがあります。何と云っても実際に手にとって、感じを試す事が出来ます(その時の感じが海の上で再現するとは限りませんが…)。

マメに釣り具店を覗いて見るのも、良い道具と出会える機会を増やす方法と思います。大きなお世話…?

色々船釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.