TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

色々船釣り編 その30「ウッソー! タチウオ船が… で、中ノ瀬のアジへ…」



色々船釣り
この前の記事では、冬の人気釣りものカワハギを「正月に初釣り!」と張り切って出かけ、朝の通勤電車並みに混雑した船上で辟易としたことを書きましたが、今度はその真逆の話です…。

タチウオ イラスト狙う釣り物はタチウオですので、時期は寒い冬だと記憶していますけど、既に年間狙える釣りものになっていたので少し暖かくなったころだったかもしれません。釣り場は観音崎沖から久里浜沖の深場。タチ(水深)は120m位の中深場。走水の方でもやることがあるようですが、いかんせんそちらは潮が早すぎて…。私が乗っていた湾奥の船は専ら観音崎沖の方ですね。冬の最盛期には違う船同士で釣り客の祭りが起きるのではないかと思えるくらい船団が集まります。お互いの船が公平に場所を入れ替えてやりますが、船長の操船技術には感心しますけど他の船が近すぎてやりにくい時もあります。客が多いと当然大祭り騒動。潮によっては、釣っているより祭りを解いている方が時間が長いような日もあります。まあ、タチがタチですから、早く底を取ろうとして電動リールの早送り機能を使ったり、サミング(親指で釣り糸のテンションを保ちながら仕掛けを沈めていく)無しで釣り糸を送ったりと、ハッキリ言って釣り糸がフケまくりのマナー違反がゾロゾロ。今では、釣り糸のPEの号数を細く指定したり、サミングを推奨したり、釣り船が祭り防止の対策を立てているようですが…。

とはいえ、タチウオの釣趣には格別のものがあります。個人的にはカワハギのようなゲーム性を感じていますけど、タチは120m辺りからイサキ釣りのように棚(魚のいる場所)を探っていきます。時には底の方の根で、オニカサゴなんて嬉しいゲストが釣れることもあります。太刀魚の餌はサバの切り身で、オニカサゴと同じように天秤のフカシですけど、ジギングやテンヤなんかの釣り方もあるみたいで、まあ、バーチカル(縦)に誘い上げていくのは同じ。当たりが来たときは竿先が抑え込まれるようにガガッと明確にきますけど、即合わせてもまず掛かりません。タチウオが餌を喰い込むまでのやり取りが面白いのです。で、掛けるとけっこう引いてきますが、水面までようやく釣り上げて、お姿を拝見し、「さて、取り込み!」という時に、船べりでよくバラします…。タチウオはこの取り込みの時にけっこうバラすことが多いので、ご用心…。って言っても、バラす時は船長でもバラしてしまいますけど。

客のいない釣り船で、人気のタチウオ船ですから、混みます。この時期はまだ地震対策の護岸工事前(もう結構昔か…)でしたので船に行って直接、クーラーか竿を船べりに立てて釣り座を確保していたのですが、張り切ってけっこう早めに行ったら、まだ船は誰も釣り座を取っていない状態で、四隅(左右の艫とミヨシ)が空いています。左舷の艫にクーラーを置いて釣り座を確保し、キャビンに入って仮眠を取ります。そろそろたくさんのタチウオファンがやってくるでしょう…、と思うのですが、どうも船の上がシーンとしています。周辺に停まっている他の釣り物の船はざわつき始めているのに…。なんでだろ、なんて不思議に思いながらキャビンの中で横になっていました。

客のいない艫ハイ…、な、なんと、お客が私以外誰も来ないのです! ええっ! タチウオ船ですよ、いつも満杯の! 多少時期的に暖かくなっていたころかもしれませんけど、タチウオ船に客が来ないなんて信じられない。で、船長がやってきて、申し訳なさそうに言います。「すいませんけど、他の釣りものに換えてもらえないでしょうか」。予約無しの船なので、その日に客が来ない船は出ません。さすがに一人じゃ…。なんでも船長が言うには、ここの所のタチウオの釣果がさえなくて、お客がなかなか集まらないとか…。しかし、一人しか来ないというのには船長自身も驚いていましたね。例えは悪いのですけど、繁華街であるとき一瞬、客がいない光景が現れることがあるそうです。偶然というか、人の行動が妙にシンクロしてそのような偏りが起こるのでしょう。余談ですが、そうした「人間が全然映っていない都市の景色」という写真を見たことがあります。撮影するのに、二年間ぐらい同じ場所でカメラマンが待ち構えたそうです。今だとCGで簡単に作れるでしょうけど…。しかし、よりによって私が来た時に…。

タチウオは、ご存知でしょうが縦に泳ぎます。ですからタチウオなんでしょうけど、その姿形が「太刀」に似ていることからそう呼ばれているという説もあります。サーベルフィッシュなんて呼ばれることもあるそうですが英名は "Largehead hairtail" です。見た目そのマンマの説明のような命名ですね。で、釣り船の魚探は上から魚影を探知します。ですから、タチウオが斜め程度になっていれば魚影が移るのでしょうけど、魚探に対して直角に位置すると、頭の部分だけしか探知できませんから「突然、群れが消えた」ように見えるそうです。その逆もアリで、「突然、群れが現れた」とか。それで、この魚は「幽霊」なんて呼ばれ方もします。その魚影が観音崎沖から久里浜沖辺りまで、ここの所、薄いとか。でも、幽霊なんだから、いるんじゃないの…。と言っても、客が一人の船では出してもらえません。

じゃあ、ビシアジでも乗るかと思ったら、何とその日のアジ船はいつもの観音崎沖の深場じゃなくて、東京湾中ノ瀬(東京湾のほぼ真ん中辺り)の浅場(30m程度)で中ッパ(中型)アジをやるそうです。道具は貸してくれるそうですが、何とも気合の入らない釣りものとなってしまいました。オニカサゴ船はもう出ていなかったので、けっこう暖かくなっていたころだったのでしょう。浅場のアジ船はお客さん満タン…。ほとんどがレンタル竿のようだったので団体さんが入ったようです。ガヤガヤとうるさい…。気合がまったく入りません。帰るという選択肢もあったのですけど、せっかく来たんだし…。

でまあ、レンタル竿のビギナーさん満載のアジ船で、竿頭にはなりましたが、嬉しくもなんともない…。しかし、いつも、両弦がいっぱいになるくらい釣り客が来る湾奥のタチウオ船なのに、客が(私以外)0なんて、あり得るのかいな。タチウオが幽霊になったんじゃなくて、釣り客の方が幽霊になったみたい。後にも先にも、その船宿で、何の釣りものであれ、船に客が一人ってのを経験したのはその一度だけです…。偶然の偏り…。

色々船釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.