TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

色々船釣り編 その8「船長がタモを持って待機! 何でしょう…!」



色々船釣り
私、サメに縁があります。何故かよくサメを釣ってしまいます。まあ、珍しい事ではないのですが。ヒラメに行っても、マダイに行っても、フグに行っても、オニカサゴ、アカムツ、何に行ってもサメがよく来ます。1日に数匹釣る事も。ご縁でしょうか。中深場釣りに行った時、連れの他にお客さんがいなかったので船長が深場に船を出してくれてアカムツを狙いましたが、結局、船中私のサメが一匹。深場ですから仕方ないのですが、なまじ引くもので、期待してしまいます。

アイナメで、浅場でのアイナメ釣りです。餌は岩イソメ。水深は10m程度。仕掛けはブリクラではなく、15号程度のナツメ錘。根の窪みを丹念に狙っていきます。さすがにサメとは縁が無い釣りでしょう。アイナメ釣りでは仕掛けのロスは税金。ブルッとアタリが来て、合わせのタイミングを見計らっていると、ハイ、根掛かり。

ちなみに、このアイナメですが、子供の頃は主に穴釣りで狙っていました。今思うとあれはクジメだったと思います。見た目はほとんど区別できませんが、クジメの方が赤っぽい。こっちで船からアイナメを釣った時、黄色っぽいので、これは地域差かと思っていましたが、違うようですね。クジメは大きくなっても30cmも行かないようです。それに比べてアイナメはビール瓶、一升瓶と呼ばれる位大きくなります。食味もアイナメの方が上ですね。

アイナメやクジメは、根の窪みや岩場の隙間にいますが、いれば必ずといっていいほどアタッてきます。しかし、なかなか、素直には針に掛かってくれません。最初のアタリで合わせたらほぼさようなら。2度3度とアタッてきて、クイクイってな感じで引き込んだときが合わせ時です。が、この時根掛かりで獲物と仕掛けを同時に失ってしまう事も多い。子供の頃のクジメ釣りではけっこう上手く釣れたんですけどね。

今回のアイナメ釣りですが、漁港は飯岡、某船宿。ポイントはホント漁港からすぐの場所です。下はかなりきつい浅根。根を錘でコツンコツンとトレースするような感じで探って行きます。アタリはけっこう来ますが、どうも上手く針掛かりしてくれません。1匹釣るのに仕掛けを2・3個はロストします。しかも型がイマイチ。とはいえ、アタリの多いのは楽しいものです。ビール瓶クラスが出るのを期待して竿は浅場のヒラメ用を用意。もしかしたらこれが裏目に出たのかも。やや胴調子のため、どうしても合わせがワンテンポ遅れます。色気を出さずにキス竿か宙釣り用のカワハギ竿でやれば良かった。釣果はポツポツの拾い釣りです。

そのうちに北東寄りの空に怪しげな雲が。「あれは、来るな…」と思っていたら、やっぱり来ました。スコールとでも呼びたくなるくらいの雨。目の前が真っ白になる位の激しい雨です。30分ほど釣り中止。今でいうゲリラ豪雨のようなものでしょうか。雨が弱まって釣り再開ですが、今の雨がどう影響するのか…。

竿を降ろして暫くすると、ストンと深い根の切れ目(?)に仕掛けが落ちて行きます。「大物がいるかも…」と色気満々で仕掛けを落とすと、いきなりグイーンと竿先が持って行かれます。根掛かりではありません。グイグイと引き込む生命反応。竿は満月。船長が「慎重にやって!」と言い、タモを持って来ました。「ヒラメかも!」だそうです。時々、ここで大ヒラメが出るそうです。この引きなら、けっこうな型でしょう。水深はありませんが、3号ハリスなので竿でいなしながら(ドラグを緩めると根に入られる)慎重にマキマキ。周りの釣り師の目が私の道糸の先に集まります。私、緊張しつつも、嫌な予感。お会いしたくない魚が頭の中を泳ぎ始めます。
ハイ、良型のサメでした…。それを見て、船長も他の釣り客も、蜘蛛の子を散らしたように無関心。いつもこの景色。もう慣れました。10m程度の浅場で、しかも虫餌でアイナメを狙っているのに、なんでサメ…。

サメその前の週に行った久里浜のマダイ釣りでも2匹ほど小型のサメを上げました。他の釣り人がサメを上げているのを見る事はありますが、私の場合は何故か続く。その年は私にとってサメの当たり年。サメさんサメさん、お願いですからもう勘弁してください、です。光りものをあまり使わない私の仕掛けの、一体何が気にいっているのでしょうか…。

色々船釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.