TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その11「金がアタリ色! テンヤ錘も餌のうち!」



マダイ
ヒトツテンヤマダイ タックルもうすっかりヒトツテンヤマダイにハマってしまいました。最初は「そんな釣り方で…」なんて斜めに見ていたのですが、手の平を返したように(手の平返しは得意技)、その面白さを周りにベラベラと話すようになりました。節操のない…。は、置いといて、では何が面白いのか? 釣り全般が面白いので、特にヒトツテンヤ独特の面白さ、というのが顕著にある訳ではないのですが、釣りの原型のようなものを感じます。

それは何か? どの釣りにも共通する当たり前のことを書きますが、棚を「探り、誘い」、「アタリ」を捉え、「タイミング良く合わせ」、「魚とのやり取りを楽しむ」。これが極めて明確に楽しめるのです。体にビンビンときます。これまでマダイと言えばコマセマダイだったのですが、こちらがストイックな釣りとすれば、ヒトツテンヤはアクティブな釣りです。攻め、という言葉は単純過ぎて面白みがないのですが、マダイに対して積極的に働きかけていく、という意味では確かに攻めという言葉がその在り方にマッチしているのかもしれません。

私はルアー釣りをやりませんが、この釣りにはルアー釣り的な要素があるのかもしれません。別にルアー釣りを嫌っている訳ではなく、やる機会が無かったことと、船釣りが中心だったので当然のように餌釣りのみであっただけです。アオリの餌木は唯一私がやる疑似餌釣りですが、これは中錘を入れたシャクリ専門。ヒトツテンヤ釣りでルアー的な面白さに目覚めたのかも、です。ルアーマンがこの釣りに多いというのも頷けます。

で、ある日のヒトツテンヤマダイです。この日は天候も良く、風も穏やかで、海も凪いで絶好の釣り日和、なんですが、私、以前にもどこかで書いたような気がするのですが、こういう良い日に良い釣りがあまりできない。ジンクスのようなものですかね。ヒトツテンヤの弱点は風なのですが、もともと底ダチをテキトーに勘で取っていますから、少々風が吹いてようが、やり難いのは仕方ないのですが、あまり気になりません。多少は荒れた海の方が、釣りしてる! って気になれます。大原の波でそうなったのか…。

マハタテンヤと言っても色々な形、色があります。アオリのエギほど種類はありませんが、一応私のタックルボックスにも蛍光、赤、金、着色無し、テンヤ型、かぶら型、6号から10号まで、一通りあります。朝から潮がトロリと流れていて、海況はバッチリ。まず6号の蛍光で行きます。ちなみに、私は6号か8号でやります。3号位がフワフワと餌を漂わせて喰いが良くなると言われますが、いくらテキトーといっても3号だと殆どノー勘状態。6号が下の限界です。で、その蛍光ですが、まず船中一匹目、中型のマハタをゲット! これで鍋ネタ確保&ボウズ逃れの一匹。

チャリコ次に型は小さいながらもマダイ一匹目をゲット!よっしゃぁ!これでまずはタイ飯確保。次はタイ鍋ネタ! などと志の低い事を考えながら、誘いをかけますが、次がなかなか来ない。マハタの鍋も美味いのですが、これは刺身で、しかも松皮造りで食べたい。

色を着色無しのテンヤに替えます。これもアタリが来ない…。早いのだけが取り得かぁ…。この日は外道が少なく、珍しい事にウマズラも来ません。「潮が濁ってるのかな…。だったらやっぱり蛍光か…」、などとブツブツ考えながら、頭の中は、タイ鍋タイ鍋タイ鍋…。海はちょっと静か…。

それほど潮が濁っているようには見えないので、テンヤを金の6号に替えます。替えて1投目で、来ました。25cm程度のマダイ! しかし、これではまだ鍋は不成立。そこから、立て続けに28cm、30cmクラスを2匹連発! よっしゃぁ! 鍋ネタ確保! 私は喰うために釣ります、といっても過言ではありません。美味しく頂くために、即〆。ご存知でしょうがマダイは目の後ろに柔らかい所があって、そこが急所です。ナイフでそこを刺して〆、鰓を切って桶で放血。血が十分に抜け切ったら、即クーラーへ。美味しく食べるためです。私の桶にはいつも魚は泳いでいません(フグとヒラメ以外)。私にとって桶とは放血のための道具です。

マダイ潮は良い具合に流れています。今日のミヨシは波も穏やかで釣りがやり易い。次に来たのは30cmクラスのマダイ。これでマダイの刺身も確保。食欲全開で、あとはキロオーバーのマダイ狙い!

暫しの後に、小さなアタリ。すかさず合わせるとグングンとマダイ独特の引き!余談ですが、大きなマダイだから大きなアタリが来るとは限りません。大きなアタリで小さなマダイ。小さなアタリで大きなマダイ。で、アタリの段階で型は分かりません。このアタリ、小さかったのですが、引きは強い。マダイの三段引きを堪能!上がってきたのはキロオーバーのマダイ! これで今夜の我が家の食卓はゴージャス!

今日の釣果結局その日は後半に潮が止まり、中盤まででマダイ11匹とマハタ1匹。外道は殆ど無しで、良い釣りができました。どうもテンヤカラーの金が当たったようです。テンヤ錘も餌のうち、ですかね。

ちなみに千葉県も数度釣って仕掛けも数個ロスト…。テキトーに底を取る私の税金みたいなものです。船長から「根がかりが多い時は1m位底を切って。それでもマダイはくるから」とのアドバイスを受けましたが、実は今だに底ダチが明確に取れないもので…。

こんどは10号の金でやってみようかな。大金○です。ハイ、オッサンの下ネタでした。

マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.