TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その13「ヒトツテンヤマダイの弱点… 風…」



マダイ
南南西の風、12m~18m。

最後にヒトツテンヤマダイを楽しんでもう三箇月以上経ちます。もちろん、全く釣りに行かなかったわけではありません。ヒラメにカットウフグへはそれなりに通っています。しかし、ヒトツテンヤマダイを楽しむ機会がなかなか得られない。理由は、風です。しかも10m以上の風速。今週はマダイを狙おうと思った週の週末に限って、風が吹きます。フグやヒラメ、コマセマダイなら、少々の風でもウネリがそれほどでもなければ船は出ます。が、ここの所、マダイはヒトツテンヤが面白くて、コマセカゴと愛竿キャロナックは埃を被っています。

コマセマダイなら錘は80号(小湊から南房総辺りでは標準が60号)ですから、少々の風でも船さえ出れば何とかなります。やり難いですけど。しかし、10mの風では、ヒトツテンヤマダイはどうしようもありません。なぜなら、風で糸ふけが出て、アタリも何も分かりません。あの細いPE0.8号の道糸は風に煽られてロッドに絡みます。下手をしてそのまま合わせを入れると、また竿を買わなければいけない羽目になります。それはさておいても、底は取れないアタリは取れない、では、釣りになりません。船の出る釣りものへ変更すればよいのでしょうが、その週はコレ、って決めるといきなり他の釣りものへモチベーションを切り替えるのは少々難しいですね。気分的に融通のきかない私の場合。

冬から春先にかけては、天気予報で大丈夫と思っても、いきなり風が強くなる事が多い。特に、ここ2年くらいはいつもの年に比べてそれが多いように思います。事実、強風での不出船の頻度がこれまでで一番高い。2週連続で、漁港まで行って不出船、ってのを味わいました。帰り道の遠い事…。船長の中にはあの大震災の影響ではないかと言う方もいますが、それは合理的にはあり得ないと思います。が、温暖化の影響なんて言われると、リアリティがあります。

道糸 結束 ノット会社から帰ってきて、一杯やりながら道糸にリーダーを結束し、釣行の準備をして、週末の釣りに備えます。頭の中にはマダイが何匹も泳いでいます。楽しい週末が待ち遠しい。で、いきなりの強風…。気分はガチョーン(古い…)、です。

ちなみに、風速と風力は単位が違います。風速はメートル毎秒かノットですが、風力は階級です。風力5で大体8m/s以上で、風力6で10m/sを超えます。気象庁が採用しているのは風力ですが、予報では風速が使われますね。高速道路に取り付けられている白と緑の縞模様の「吹き流し」ですが、あれがほぼ真横の状態になっていると風速10m/s以上です。車で走っていると横風の場合、与太ります。

船の上で風速10m/sを超えると、まず帽子が飛びそうになり、波が風で砕けて飛沫が飛んできます。タバコを咥えていると折れそうな抵抗を感じます。なんとかヒトツテンヤマダイが楽しめるのは風速5m/s以下でしょうね。それでもやり難いですが。

まあ、外房沖で凪なんてのは滅多に拝めません。しかし、南南西の風、12m~18m、波4mなんてのは時化です。それでも何艘かのヒラメ船は出たようですが。某大原ではそんな海況でも出られる船があるんですよね。私は、その予報では釣行を控えますけど。船酔いはしないけど、怖い…。

さて、外房ヒトツテンヤマダイの風対策として、内房でのコマセマダイでも始めましょうか。いままでコマセマダイに通っていた三浦半島は引っ越しで遠くなってしまったし、いまや「房総釣り師」を恥ずかしながらサイトの看板に掲げていますから。いまさら、「三浦釣り師」ってわけにもいかないし…。

マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.