TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その19「ヒトツテンヤ五目、嬉しいような… 」



マダイ
久々にコマセマダイがやりたくて、昔行ったことのある内房の船宿の出船予定を確認したのですが、やはり天気予報が芳しくなく、お客が集まっていないようです。昔は客一人でも出てくれたのですが、今は長引く燃料の高騰で、何人か以上の予約が入らないと出船してくれません。仕方ない事ですけど。で、また某大原(ここなら天気が悪くとも釣り人は集まるし、少々の波でも出船してくれる)でヒトツテンヤマダイ。別にこのヒトツテンヤマダイに飽きたわけではないのですが、コマセマダイの、ムーチングの長竿で置き竿という釣り方もなかなか楽しいものです。竿先の変化をジッと見ながら、クッと入り込むと竿をキーパーから外して、様子を見る。ズドンと竿先が海面に突き立つと一気にエキサイトです。カッコよく言えば、「静から動へ」の一瞬の変化が楽しいのです。

ヒトツテンヤマダイそれに比べるとヒトツテンヤマダイは、積極的に誘いを入れてアタリを取り、「疑わしきは罰する」ってなもんで、大合わせを入れていくアクティブな釣りです。まあ、どちらも楽しいのですが、若い世代はルアーに通じるようなゲーム性が高いからなのか、ヒトツテンヤマダイを楽しむ人が多いように思います。今や、コマセマダイは一昔前の釣法なのでしょうか…。愛竿キャロナックとLサイズのコマセカゴが長いこと、埃を被っています。それはさて置き、コマセマダイは別の日に譲って、ヒトツテンヤマダイ! 要は「喰いたい」が私の釣りに対するモチベーションのコアですので、美味いマダイが食べられればそれでOKなのです。

結論からいうと、その日はトモ側の日でした。いつもミヨシに陣取る私はちょっと渋い釣果。釣り座で釣果が分かれる日もあります。そんな日は仕方がありません(途中で釣り座替わる訳にもいかないし。空いていたらやりますけど…)。しかし、面白い事に最初はキープサイズギリギリ(20数cm)のマダイ。それから長いインターバルの拾い釣りとなりましたが、釣るたびに少しずつ大きくなっていきます。カワハギなどは逆の傾向(だんだん小さくなる)が多いのですが、この日は釣るたびにマダイが育って行きます。

が、型的・数的には渋い日となりました。しかし、ウマヅラは相変わらず元気! これもまた、同じように釣れる度に大きくなって行きます。この時期のウマヅラは肝醤油で美味しく頂けるのですが、マダイ本命(ウマヅラ本命ってのはないですけど…)ですから、とりあえず一匹だけキープしておいたら、その後ドンドン大きくなって釣れてくる…。ウマズラは一匹でイイヤ、と思っていましたので皆リリースしたのですけど、最後に来たのはジャンボサイズ。まあ、大きいから美味しいとは限らないのですが、ちょっと複雑な気持ちでリリースしました。

で、本命のマダイはそんな感じだったのですが、本日のイベントは早い時間に来ました。底が割と上手く取れて、一度誘い上げてフォールした時に、竿先をヒッタクルようなアタリが!オッ! 良型マダイの典型的なアタリです。すかさず合わせを入れるとヒトツテンヤマダイの竿が満月! ドラグが鳴って糸が引きずり出されます。エキサイティング!魚が走ります。一進一退。私にしては丁寧にやり取りしたのですが、あと数メートルという所でまた、道糸を引き出されます。ちょっと疲れてくるとドラグを締めたくなるのが私の悪い癖。辛抱、辛抱。やがて海面下に魚の姿が、腹の白い方が見えたので、マダイ! と思いましたが、どうも色がちょっと違う。

カンパチハイ、カンパチでした。まあ、カンパチというよりショゴですけど、船長がカンパチというのでカンパチということにしておきます。大きさの割には中々のファイター。私、走り回る青物は苦手なのですけど、これは上がるまでマダイと思っていましたので、楽しめました。カンパチ(ショゴ)の刺身はマダイ並みに美味い!まずは本命ではないにしても、嬉しいゲストです。次にまた竿先をヒッタクッていったのは、ハイ、キントキさんでした。

今日の釣果その後からマダイが釣れ始めたので、これで四目です。どうせなら五目にしたいと思ったのですけど、何となくアレが来そうな感じがしたら、やはり来ました。フグさんです。この船は船長がフグ調理師の免許を持っているので後で捌いてもらえますが、ちょっと型がイマイチなのでリリース…。すると、またフグ。これはキープしようかな、と思いましたが、船中で他の人も釣っている時はいいのですが、フグが上がっている様子もないので、ちょっと迷ってリリース。その後、他の人にもフグが釣れ始め、仕舞の後、船長がそれを捌いているのを見て、私もキープしておけばよかった、とちょっと後悔…。フグ刺し、一皿は喰えたのに…。なまじ、一匹だけ船長に捌いてもらうのも悪いな、と殊勝な気持ちを起こしてしまったのが悔やまれる。とは言え、認定五目!

で、楽しいのは楽しいのですけど、何釣りやったのやら?って複雑な気持ち。カンパチ(ショゴ)で始まって、フグで終わりました。ハイ、ヒトツテンヤマダイの一日でした。

マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.