TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その26「大海に浮上する海の王者 マダイ 私のイメージ」



マダイ
時化が続いて、陸での好天も海では強い風と波…。釣況が云々という状況ではなく、船が出ない日が続きます。まあ、冬の海ですから毎度のことですけど、年々、海況の悪い日(=不出船)が多くなってくるような気がします(いつものオヤジの愚痴)。温暖化の影響とか、多少は感じますけど。いずれにしても、頼みの東京湾(内湾ではなく、内房の富津、三浦半島の走水辺りから外洋寄りの外湾)で、ウサギというか白クマが練り歩いているような状態(白波が立っている)ではどこもダメでしょう。西風なら外房は全然大丈夫ですけど、天気図を見ると今は「もれなく大荒れ」のようです。それに、コマセマダイを楽しみたいのですが、某大原辺りではコマセマダイはダメで、勝浦まではヒトツテンヤマダイばかり(小湊辺りまで行けばできそう)。

この編の前の記事「マダイ釣り編 その25」で色々なマダイ釣りについて書きましたが、私が一番マダイ釣りとしての趣を感じるのはコマセマダイですかね。以前は三浦半島の大津(釣り場は久里浜)などに出かけていたのですが引っ越してちょっと遠くなってからは、あちら側には行っていません。久里浜のコマセマダイは「エンジン掛かり」というのか、漁港を出てすぐ水深がドン深になっているその際の底を船をほぼ停めたまま狙うので、釣り糸は当然斜めに引っ張られるように入っていきます。慣れないとちょっとやりにくいですけど、あの辺りで2kgオーバーのマダイを上げれば、ちょっと自慢できますよ。私、釣ったことあります。あまり大きなのは釣れないのですけど、その時は嬉しかったですね。駿河湾や相模湾ではけっこう大きなのが釣れるようですが、まあ、東京湾は競争率も高いし、マダイものんびりと大きくはなれないのでしょう。久里浜での2kgオーバーは価値があります。

私が初めて良型のマダイ(4kg位)が海上に浮上するのを見たのは、伊豆半島の先、下田市の須崎沖です。コマセマダイ。もちろん、釣ったのは私ではありませんけど、釣り歴ン十年のベテランがやり取りしながら釣り上げました。その方のレコードは「ほぼ1m、10kgのマダイ」だそうで…。その日は海が穏やかで波もあまりなく、絶好の釣り日和。そのベテランの方は私の連れの一人で、やや沖の方を指さして「あの辺に浮かんでくるから!」と教えてくれました。大マダイは浮袋が膨れて浮かび上がってくるとは聞いていましたが、見るのは初めて。その方が指さした海上を見ると、泡がブクッと浮き上がってきて、そして海面が次第に赤く染まっていくのです。その赤色が次第に金色を帯びていくようなグラデーションが海面を染めた瞬間、真っ赤なマダイの白い腹がボコッと海面に浮かび上がってきました。生まれて初めて見る景色です。何とも神々しく、両手を合わせたくなるような気分。未だに私の頭に残っているその時のイメージは、下のイラストのような感じです。
大マダイのイメージ
このイラストは仕事でWEBの素材を探している時に出会ったもので、一目で気に入って(自腹で)購入しました。私がコマセマダイの釣趣をいまだに好むのも、やはり最初の釣りの時のイメージが強かったのでしょう。一応私もハナダイ(なんでハナダイ…、でも28cmの良型)を釣りましたが、このマダイの放つ芳香はけっこう強烈で、釣り師のハートを鷲掴みです。憧れの、大マダイ。まさに海の王者といった風格です。まあ、王者といっても、自分よりでかい魚に出会えば捕食されてしまいますが、それはライオンなどと一緒で、自然の中の生態。その姿は私にとって、海の王者たる風格を持つ魚なのです。ちなみに、養殖ものや海上釣り堀などの生け簀で育ったマダイは、どうにもあの金色がかったような赤ではなく、ちょっと褪せたような色の赤茶色ですけど、やはり食べているものが違うからでしょう。あるダイバーの方の話では、大マダイが大ダコを喰っているのを海中で見かけたそうで、マダイの獰猛な迫力は見ものであったとか。自然のエビも食べますし、当然でかくて、美しくて、美味い。外房のヒトツテンヤマダイでも5kg位のマダイを見ましたが(当然、人が釣ったやつ…)、錆の入ったその雄マダイの姿はまさに無敵の王者の姿です。

最後に余談ですが、とはいえ食い意地のはった私としては、2kg程度のマダイが一番美味しい。ってか、どこかで書きましたけど、私はそれ以上の大物に縁が無いというか、大マダイが「来た!」ってな感触は何度か味わったのですが、生来の堪え性の無さなのか、粘り強いやり取りが苦手で、いつも最後はドラグに指をかけて強引にゴリ巻き…。で、プッツン…。青物で数十分もやり取りをしている人を見ると、感心してしまいます。真面目に文章を〆ますが、某船長曰く、大マダイはあまり強引にポンピング(竿を引いては戻しながらリールを巻く、連続技)をやるとバラしやすいそうです。ご用心。って言われたって、なかなか上がってこないから、つい…。

マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.