TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その3「やっと来ました!キロクラスのマダイ」



マダイ
結局、ヒラメもそうですが真鯛も3連敗でのスタート。下田へはもう行きません(不貞腐れ)。

長 いハリスの投入にも慣れ、マダイを求めて主に久里浜辺りに通い始めました。が、マダイ、釣れる事は釣れるのですが、下田でのハナダイ以上の、キロクラスが 中々上がらない。新聞や雑誌を見ると「オーッ!」と声が上子マダイ ツ抜けがりそうな大マダイが誇らしげな釣り師の顔と一緒に写っていますが、私、小マダイにしか縁がない のか、釣れても500g位のマダイしか来ない(初心を忘れ、贅沢になってきてます)。

人の話によると、大物狙うのなら日本海か駿河湾、それか下田から遠征 にでも行くべきだとか…。でも、遠征じゃないけど、下田はハナダイだけで終わったし、久里浜だってけっこう大型は上がっているし、狙えない事はないでしょ う、と、せっせと三浦半島へ通っていました。何故か、マダイは船中で数が釣れているときはそれほど大きなのが来ないような。数だけならツ抜けした事もあり ますが(もちろん、最初の真鯛は嬉しかったですよ。でも、コマッ…)。

あ る時、海が荒れ気味でウサギが跳ねまわるような時、同じ左舷にいた釣り師の竿が大きく曲がりました。私の竿、あそこまで曲がった事はありません。その釣り 師の竿先が何度も海面に突き刺ささります。同乗者の目が皆、その釣り師に集まります。引きから見て、マダイでしょう。船長が大きな声で「竿を立てろ、竿を 立てろ!」と怒鳴っています。その釣り師、最初の突っ込みをようやくかわしたのか、竿を立てて小刻みにポンピング。

ちなみにその船の船長はポンピングをあまり勧めません。大物の場合、ハリスのテンションに一瞬の緩みが出て、バラシやすくなるとか。なるほど…、って言ったって、そんな大きなの掛けた事がないから分からねえよ。

釣り師の竿は大きく曲がったまま。時々大きな突っ込みが来ます。ベテランの方のようで、竿を操り、大マダイの中層での突っ込みを交わしています。タチは時 期的に50か60m程度だったと思います(私も手巻きでやっていましたので電動使うほど深くない)が、なかなか上がって来ない。まさに一進一退のやり取 り。

船長曰く。「大マダイは、走るときは走らせろ!根に突っ込んで行かねえんだから、突っ込みをかわしてりゃ必ず巻ける時が来るから、そんときに巻けー!」と か。船長がタモを持って待ち構えています。そろそろ上がってくるのか!私、自分が釣った訳じゃないのに、初めて見る(であろう)大マダイの姿を拝もうと海 面を凝視。久里浜はハリスが6メートルなのでコマセカゴが見えてくれば魚影も見えるだろうと、波間の道糸をジッと見つめていました。その時船長の声。「浮 いてくんどー!(三浦弁?)」。船長の目線の先を追って、左舷前方に目をやると何やらボコボコッと泡のようなものが。

そして、ついに浮いてきました。大(中?)マダイ! 海面が一瞬パーっと紅色に染まります(いえ、誇張じゃなくて、本当にそう見えました!)。ブワーンと効果音でも聞こえてきそうに浮いてきました。「ウワ、デカッ!」。ハリスを手繰り寄せて船長のタモへ。

後検量で3.2kgのマダイ。私、それだけの大きさのマダイ、初めて見たので、実際よりももっと大きく見えました。きれいなメスのマダイです。船長と釣り 師が握手。羨ましい。海況は決して良くありませんが、そんなときの方がデカイのが来るとか。その日はまだその1匹だけ。私、ムクムクとやる気満々に。ひた すら手返し手返しで、仕掛けを打ち直します。

しかし、来ない…。船中もそれ以来マダイは来ないし、海も次第に穏やかに…。私のやる気も次第に萎んできました。「今日はあれだけか…」。次第に近づいてくる仕舞の時間。私、殆ど諦めの気分で、「アーア、今日はボウズか…」。

ガックリとロッドキーパーをポンと叩いた瞬間、愛竿キャロナック360の穂先が海にズボッ! 一瞬、頭の中が真っ赤! アタフタと竿を手に取り、竿先の突っ込 みに耐える。「おっ、来たか」船長の声が聞こえる。これまでとは全く違う引き。グングングンと竿先が叩かれる。無我夢中とはこの事。「焦らずにやんなよ」 船長の声がまた聞こえます。下したてのABU7000のドラグが滑る。私、必死。

初めてのキロマダイ隣の釣り師のお助けタモに収まったのはこれまた綺麗なメスのマダイ。後検量、1.25kg(船長は大物しかタモ取りしてくれない)。さっきの大マダイを見ているからかなり小さく見えるけど、間違いなくキロは超えている。ウレシー!!!!!!! 思わずガッツポーズ。

子供の頃に大人の話を聞いて憧れていた大きなマダイにようやくご対面。まあ、その後、次第にキロマダイを上げた時の感動は薄れて行くのですが。慣れね…。しかし、お初は何であれ涙もの。

なんか、船釣りを初めてようやくいっぱしの釣り師になった様な気分。やはり、ある程度大きなマダイが釣れる時は数が釣れないのか、船中、その2匹だけ。

月並みな表現ですが、9回裏2アウト、フルカウントからの一発! 

マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.