TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

マダイ釣り編 その5「メとマの違い… 引き味は抜群だけど」



マダイ
イカダイ仕掛けオニカサゴの編で書いた「イカダイ」ですが、大マダイを狙って何度か通いました。ですが、結論から言いますと、その船がイカダイを止めてしまうまで、一度も大マダイには縁がありませんでした。しかしながら、大「メ」ダイは来ました。マとメの違いだけなんですけど(全然違うか)…。ちなみに、イカダイの仕掛けはヒラメと逆で、先が親針、手元が孫針。遊動式で、餌のイカのサイズに合わせます。針をかけるのは親針が漏斗部分で、孫針が頭(胴体の先)。

何度目かのある日、いつもの愛竿ブラックコブラ(キャロナックの後継機種)ではなく、気分を変えて、知る人ぞ知る半田丸のワラサ竿を持ちだし、3mですので、何とか手持ちで対応。この竿、ワラサ用なのですが、少々柔らかく、私は深場のコマセマダイや根魚に使っていました。120号の錘を背負わせると気持ちよく曲がります。オー、ムーチング!

で、その日は海況も悪く船上渋々の日でしたが、いきなり手にした竿がズボッと海面に突き刺さりました!まあ、釣れるときは何時もいきなりではあるのですが、それまでに味わったことのない突っ込みの勢い! リールを巻こうにもなかなか巻けない。竿を上げようにも重い事この上なし。竿がグングンと引き込まれます。それに合わせて壊れたオモチャのようにカッコ悪く前掲していく私。電動リールのスイッチを入れると少しの間グイーンと動いて直ぐに止まってしまう。何度やっても同じ。壊れたのではなくて、電動リールはモーターが焼き切れないように一定以上の負荷が掛かると止まってしまう構造なんですよね。

これはサメだと思いました。手応えから言って、大マダイでない事は確か。とにかくほぼ「ノサれた」状態。もちろんサメだとは思っても、こればかりは上げてみないと分からない。「ひょっとして…」ってな気持ちも無いではないし。しかし、ノサれた状態でどうしようもない。まだ相手は百数十メートル下の海底。柔らかめの半田丸が海に突き刺さって「鉄砲状態(道糸と竿が真っ直ぐになる事)寸前」。もう仕掛けが切れようと道糸の高切れになろうと、上げるしかない。渾身の力を込めて竿を持ちあげ手巻きでぎこちなくポンピング。巻いては道糸を引き出されの連続。船長もタイではないと確信しているのか「おお、いい引きじゃねえか」と高みの見物。そりゃまあ、見ているしかないだろうけど、ホント、マダイしか興味のない船長です。

何とか50m位巻きあげましたが、相変わらず相手は休みなく引いてきます。私、腕力には自信がありますが、電動と言うのはギヤ比が低く、止まってしまうとハンドルを巻けども中々上がって来ない。相手よりも私が先に疲れて、手が攣りそう。釣りに来て攣るなんてシャレにもなりませんわ。頭の中にはサメが泳いでいます。もう大ダイでない事はほぼ確実。近くの方が「ナイスファイト!」と言ってくれますが、その人もサメだと思っているのです。ちなみに、私、よくサメを釣ります。ご縁があるのでしょうか。浅場のアイナメ釣りの時にもメートルクラスのサメを釣りました。フグの時にもメートル越えのサメを釣りました。

イカダイの仕掛けでは12号のハリスを使います。なまじ、切れません。ようやく魚体が見えるかと言うところまで巻き上げましたが、海を覗けません。竿を持ってそっくり返ってますから。近くの人が海を覗き込み、オッと声を上げ、タモを持ってくれました。私、エッ…? サメなら、仕掛けを魚体ギリギリのところで切るつもりでした。しかし、タモを持ってくれたという事は…、食える魚かも! 少し元気が出てきました。タモを持った釣り人が魚体を見て「メダイだよ、メダイ!」。メダイ…、こんなに引くのかよ。ちなみにメダイは「海の暴れん坊」とも呼ばれ、とにかく引きは抜群です。しかし、ここまでしつこく引くかよ。釣り人のタモにバジャッという水音とともに収まったのは、メダイ…。後検量で6.5kg。以前、7kgくらいの奴を隣で釣り上げたのを見ましたが、それよりもでかく見えます。

メダイやはり、思いますよね。「メがマだったらなあ…」。船上でバッタバッタと暴れるメダイ。とりあえず〆てと尾ッポを掴みますが、手がヘロヘロで暴れるメダイに弄ばれます。某CMのカツオ抱いた子供状態。こいつ、釣り師ならご存知でしょうが、全身ヌルヌル、ズルズル。何とか〆て(鰓を切る)バケツに投げ込みましたが、あちこち鼻水のようにヌルヌルで、バケツの水が見る見る泡になって盛り上がってきます。タモ取りしてくれた方にお礼を言って、暫し釣り座でぐったり。疲れた…。で、クーラーに入りません。少しスレンダー系のメダイで、長い。仕方なく。尾をボキッと折って納めました。

ここでまたしつこくまた思います。「メがマならなあ…」。獲物を釣りあげてうれしくない訳はないのですが、もしこれだけの大マダイを上げていたら狂喜乱舞です。メダイも高級魚のうちに入るそうですが、「メかあ…(しつこい)」。メダイを釣りあげたのは初めてではありませんが、2~3kgクラス。中々に淡白な白身で美味しい魚です。西京漬けにして食すと、酒が進みます。

家に帰って台所のシンクに魚体を置くと、シンクからはみ出します。家人はそれを見て「デカッ!」。キャーキャー騒ぎます(何かあるとよく騒ぎます)。

さて、そのお味の方ですが、やはり、美味しい魚と言うのは3kgまで。ハッキリ言ってゴムでした…。 


マダイ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.