TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

根魚釣り編 その8「黒メバル五目、渋い日に竿頭! しかし…」



根魚
外房の黒メバルはデカイ!東京湾に比べて、尺越えが当たり前のように出ます。東京湾は金(青?)系のメバル、味は東京湾の方がいい。外房の黒メバルはやや大味。しかし、釣れ始めるとクーラーが仕舞の時間前に満タンになります。引き味も東京湾の上品な感じとは別物。竿先をガンガン叩いてきます。

まず、タックルが違います。東京湾ではほとんどが藻エビを餌にしたエビメバル。竿もヤワヤワの10~15号負荷で、錘は15号から20号程度。外房は30号負荷の竿に60号の錘。餌も塩イワシ。黒メバル五目の釣りもので、けっこう人気がありましたが、今は何故か黒メバルが大原で昔ほど釣れなくなり、あまり釣りものとしては船が出ていません。釣れていたころは黒メバルの引きの面白さにハマり、よく通ったものです。釣れる時にはバタバタと来ます。一度、初めて外房でメバルをやったという人がタックルのヘビーさとメバルのデカさに呆れ顔で驚いていました。その方、東京湾でしかメバルはやったことが無かったそうで、外房で尺が狙えると聞き、大原に来たそうです。ちなみに私、外房では何度も尺メバル、尺カサゴを釣り上げています。

で、その外房の黒メバルですが、釣れない時は眠くなるほど釣れません。まあ、ポツリポツリの拾い食いで、船長も何度も流し替え、釣っているよりも走っている方が長いような日もあります。

カサゴそんな渋いある日、朝からサッパリで、とにかく何も釣れません。ひとつのポイントで数投すると、すぐに船は流し替えの連続で、走り丸状態。あるポイントでやっとアタリが来ました。しかし、黒メバルのキュンキュンとした引き込みではなく、ガガッとくるちょっと下品なアタリ。上がってきたのはやはりカサゴ。カサゴ好きの私としては嬉しカサゴい獲物です。しかも、本カサゴで尺越え。こいつを初めて釣った時は何かと思いました。私も東京湾サイズのカサゴしか見た事が無い時でしたので、これってオニカサゴ? かと思いました。その時はまだオニカサゴを本格的にやる前でしたので。船長に聞くと「本カサゴ」との返事。しかし、デカい!

カサゴ黒メバルは相変わらず渋い状態です。船中で数匹程度。流し替えの連続。黒メバルは来ませんが、流し替えのポイントでカサゴがアタッてきます。しかも、また尺クラス。不思議なほどに黒メバルは来ませんが、私としては嬉しい。メバルの煮付けは食べたいのですけど、このクラスのカサゴなら刺身が美味い!

カサゴ結局、この日は黒メバルが一匹も来ませんでした。船中も渋々。確か、これが最後の外房黒メバル釣行だったと記憶しています。それ以来、釣りものとして船が出なくなりました。黒メバルはどこへ行ってしまったのでしょうか。かつてはクーラーの蓋が締まらないほど釣れたのに…。

カサゴ沖上がり後、船長が複雑な顔で私に言います。「カサゴ5匹で竿頭だよ」。えっ…。他の人も釣れなかったようです。私のクーラーには尺クラスで型の揃ったカサゴが5匹。これでその日の竿頭だそうです。私、黒メバル五目に来たんですけど。まあ、五目だからいいか。

それ以後はヒラメや根魚五目でたまに黒メバルを釣り上げる程度です。勝浦辺りだと釣れていましたが、大原では徐々にそのお姿を見かけなくなりました。一種の魚種交替でしょうか? キントキも一時期、ホント、釣れない時期がありました。冗談交じりで女将さんと「幻の魚になるのかねえ」なんて話していましたが、最近ではまた群が来ています。ですから、また大原の黒メバルも楽しめる時が来るでしょう。あの鋭角的な引き込みは楽しい!

その日は嬉しい獲物、尺カサゴ五匹でまあまあ満足。しかし、本命と違う魚で竿頭になったのはそれが一度きりです。しかも、本命が0で…。まあ、メバルもカサゴも五目の対象と言う事で形式的な竿頭ですけど。嬉しい楽しいながらも、妙な一日でした。黒メバルさん、早く帰ってきてね。

根魚釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.