TOPへ戻る

房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

オニカサゴ釣り編 その10「イメージトレーニングばっかりじゃね…」



オニカサゴ
オニカサゴは好きな釣りものなのですが…。鍋の美味い冬の季節を3か月と考えると、12~15回程度の週末釣行機会を得る事ができますけど、この季節にはヒラメにフグに、冬の根魚に、マダイもいいし肝パンカワハギにアオリイカ(最近はボート釣りで狙っていますが)に…、と行きたい釣りものが多く、全てをワンシーズン中に楽しむのは難しい。悩ましい事です。

で、ある釣りものに凝ってワンシーズンを過ごし、好きな釣りものの釣行機会を逃してしまう事ってありません?たとえばカワハギにハマって毎週熱くなり、気が付くと春が…、なんて事。殆どカワハギだけで冬のシーズンが終わってしまうわけです。まあ、楽しいからOKなのですけど、フグにハマってしまった冬もあります。フグは何と言っても冬。フグ釣りの日は朝から刺身と鍋が頭の中に並んでいます。この釣りも熱くなります。それで逃してしまうのがオニカサゴ…。フグか、オニカサゴか…。要は鍋ネタ選びなのですが。ヒラメは鍋に関係ないので必ず行きます。変な理由ですけど…。

まあ、フグだけがオニカサゴ釣行を逃してしまう理由ではないのですが、オニかヒラメかフグかそれとも…、とか悩んでいるうちにフグ釣りの予約を入れてしまいます。もう勢いですね。この間、船長から教えてもらったあのやり方を試してみたい! って、船長の販促策に乗せられているような…。

話がフグの方にそれてしまいましたが、オニカサゴの話です。

下の画像は私のオニカサゴ竿です。メインでは上側のHX帆影オニカサゴ。やや先調子ながらオニカサゴが乗るとググッと胴に入ってくれます。120号位まではこの竿。根魚で使う事もあります。下のもう一本の方はワンピースのグラス竿なのですが、これは錘負荷のレンジも広く、錘を200号まで使う館山で活躍しました。実は走水の大アジ狙いで買ったのですが、その機会も無く、今ではオニカサゴ用となっています。とはいえ、胴に入ってくる調子は、かなり気持ちのいい感覚の竿です。
オニカサゴ竿
オニカサゴと言えば引っ越し前は某湾奥の黄色い船に通い詰め、オニカサゴ船の船長が変わってしまってからは行かなくなり、代わりに、某館山の、知る人ぞ知る超マッチョなオニカサゴ釣り船宿に通っていました。ですが、家の事情で1年以上釣りを控えざるを得なくなり、そうなると何となく通い続けていた船宿に改めて行きにくくなる…、って事、ありません? 私だけかな…、そんなの。特に専門でやっている船宿ほど、そんな感じになります。まあ、それは私の性格だとして、引っ越しをきっかけに新しいオニカサゴの船宿でも開拓するかと思い、色々調べて、これはこの編に以前に書きましたが某小湊の船宿に辿り着き、その船が非常に気に入ってしまいました。要は船長です。この船長、オニカサゴではそこそこ有名な方だったらしいです。らしい、というのは、気に入った船宿見っけ!と思った後、間もなく突然廃業されてしまいました

1度だけの乗船でしたが、私が色々質問するのにも丁寧に答えていただき、前半苦戦している私に色々アドバイスもしてくれました。陸に上がってもニコヤカに何かと教えてくれて、かといって、別に新しい客をチヤホヤするといった風では決してなく、常連さんにも同じような態度で接していました。私、嬉しいくらいにその宿が気に入ってしまったのですが…。

事情は知らねど…、ですけど、まさに残念。それをきっかけにちょっとオニカサゴ釣り船宿開拓の熱がしばらく冷めてしまいました。もちろん、いつも行ってる某大原でもオニカサゴは狙えます。しかし、ここでアチコチの船に乗る気もしないので気を使わず楽しめる馴染みの某船宿でヒラメにフグに根魚にヒトツテンヤ、イサキって所です。フグで乗っている某船宿が根魚船でオニカサゴのポイントを狙ってくれることはありますが、やはり、オニカサゴは専門で行きたい。

てな事もあって、オニカサゴ釣行0のシーズンがあります。行きたいし、釣りたいし、食べたいのですよ。まあ、フグ熱が冷めたら、またオニカサゴ釣りの船宿開拓でもやってみますか。

やっぱり、イメージトレーニングばっかりじゃね…。 


オニカサゴ釣り編 目次へ





アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作
★ヒラメ釣り編 その6「前アタリ、本アタリ、そして真アタリ」
★船釣りあれこれ 「船長の名言・迷言・暴言」



「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー運営サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.