房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

オニカサゴ釣り編 その15「オニカサゴの目ってカワイイ! 毒針は恐いけど…」


オニカサゴ
長く釣りを楽しんでいると、どうしても釣行ままならぬ期間ができてしまうものです。色々な家庭の事情で。それは避けようもないことなのですが、スーパーの売り場で季節の魚を見かけるたびにソワソワとしてしまいます。

まあ、そんなこんなで釣りから離れて、家の事と仕事に専念しますが、私はフリーランスなので、そんな時期はできるだけ家でできる仕事を選択します。もちろん稼ぎはけっこう減りますが、致し方なし。釣行ままならぬということは、頻繁に家を離れるわけにもいかないということなので。

で、頼まれたサイトを制作するとき(プロレベルのスキルを要求されるような高級なサイトは請け負いません)、画像素材をWEBのフォトストックで探します。けっこうリーズナブルな料金のフォトストックを利用しているのですが(低料金での仕事が中心になりますので…)、そんな時、ふとお魚さんの画像を検索してしまいます。マダイやヒラメ、イサキやマゴチ…。慰めにもならないのですが、オニカサゴの画像を検索していたら、可愛らしい(?)オニカサゴの画像が目に留まりました。オニカサゴの画像自体が少ないのですけど、よく見たら短い動画でした。思わずそれを衝動買い。本ページに張り付けてみました。(※一部のブラウザでは再生できないかもしれませんが、ご容赦)。

船の生け簀から網でオニカサゴをすくってボールに入れるだけの動画なのですが、ボールの中で観念したような表情のオニカサゴがなんともいじらしい…(変?)。自分のサイトに使う素材は自分で撮ってきたものなのですが、オニカサゴに夢中になっている頃はデジタルカメラを持っていなかったので、手持ちの画像が少ないのです。釣行回数の割には「オニカサゴ釣り」のコンテンツが少ないのはそのため。まあ、フグとカワハギに熱くなって、何年もオニカサゴ釣りに行ってなかったという事情もありますけど。

オニカサゴってまん丸お目々で、その周りにまつ毛のような突起が出ていて、なんとも言えぬ、愛嬌というか可愛らしさがあるのです。オニカサゴを捌くとき、このお目々と目が合うと、包丁を持った手が一瞬、躊躇を覚えてしまいます。しかしながら、オニカサゴは美味しいのです。きれいに三枚に下されてしまいます。頭は落としてしまいますが、極力、目を合わせないようにします…。許せ、オニカサゴ。美味しく生まれたその身を不憫と思う…。

しかし、こやつには毒針があるのです。刺されたことがある人なら分かると思いますが、一晩中痛い…。

ハイ、釣りの話ではありませんでした。

可愛いお目々には棘がある。ご用心…。


オニカサゴ釣り編 目次へ



アクセス数ベスト5コンテンツ
★船釣りあれこれ 魚の〆方:野〆について
★ヒラメ釣り編 その4「ヒラメは活餌しか喰わない? いいえ、喰います」
★色々船釣り編 その20「イサキにはあの針が何に見えるのか…」
★船釣りライフ 私的「船釣りタックル」考
★船釣りあれこれ フグカットウ仕掛け 自作

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

スポンサー リンク

他 リンク

「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.