房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

釣り釣り徒然記 その3「初めて竿を手にして、そして初めての魚信」



釣り徒然 ザリガニやカエルばかりを釣って遊んでいたわけではありません。すぐ近くには川と海。瀬戸内海沿岸は今思うと、誠に贅沢なほど自然に恵まれていました。自宅から山へも川へも、そして海へもそれほどの距離を移動しなくても遊びに行けました。

小学生になり、自転車に乗れるようになると、その行動範囲は一気に広がります。初めて竿なるものを手にしたのは小学生の3年くらいだったかと思います。もっと早かったかな…? 友達の家に竹のノベ竿があり、それを借りて川が海に注ぎ込む手前、つまり汽水域ですが、そこでハゼを狙ったのが私の魚釣りのスタートです。江戸川の放水路のような場所ですね。友達と釣りに行こうかと決めたきっかけは単純に、そこに竿があったから。テグスとか針とか錘とか、まだ何にも分かっていませんが、その友達の父親が釣り好きで、道具は一式ありました。餌は確か虫餌の練餌だったと記憶しています。当時の川は護岸も今ほど整備されてはいなくて、川の周囲は砂や泥が溜まっていて、そこをサンダル履きで歩いていましたからもうドロドロです。

適当な場所に竿を出しますが、なかなか釣れません。その時はどこがポイントになるかなんて分かるはずもありません。場所を変えて移動します。今でいうランガンですかね。よく覚えていないのですが、潮が満ち始め、水位が上がって来た時、竿先がプルプルッ! 生まれて初めての魚信(アタリ)が手元に伝わって来ました。竿を上げるとハゼです。生まれて初めての釣果! それからしばらくの間、ハゼが入れ食い状態。釣れるたびに友達とキャーキャー大騒ぎ。ザリガニやカエルの比ではありません。生まれて初めて、タックルを握って、針に獲物を掛けたバイブレーションは子供の五感を強烈に刺激します。もう、楽しくてしょうがない。バケツの中にハゼが溜まって行きます。こんな楽しい遊びがあるのか!驚きに近いような気持ちでそう思った記憶があります。

それから、竿とリールを親にねだるまで、それほど時間はかかりませんでした。

しかし、あの時釣ったハゼをどうしたのか覚えていません。逃がしたのかな?食べたのかな?

釣り釣り徒然記 目次へ




【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.