房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

釣り釣り徒然記 その35「仕掛けにうるさくなった船宿 密かな疑い…」



釣り徒然 私だけが感じる事なのかもしれませんが、最近、船宿が仕掛けに対してうるさくなったように思います。例えば、PE(道糸)は何号以下とか、仕掛けの長さは何m以内とか、針数は何本とか…。もちろん、昔からそういう事にうるさい船宿はありましたが、今になって、いきなりあれこれと注文を付けてくる船宿が増えたように思います。こっちはもうン十年、同じような仕掛けでやって来たのに、PEを全部巻き替えろというのはちょっと不愉快です。多分、理由を聞けば「オマツリ防止」とか言うんでしょうけど、そんなの昔からでしょ。

確かにPEが細くなればそれだけ潮の影響をうけなくなり、海中での糸ふけも少なく、オマツリの確率は低くなるでしょうが、それなら「サミング」の徹底とか、錘号数統一の徹底とか今までやっていたのかといえば、そうではない。しかも、船が混んでいる時ならまだしも、ハッキリ言って、船釣りの客は減っているように感じます。毎日満船、なんてあり得ない。

私は自分のタックルや仕掛けに、余程の合理性が無い限り、船宿からとやかく言われるのは嫌いです。それで行かなくなった船宿もあります。例えば根魚を狙うのにPEの号数を上げるのは、PEが引っ張りには強いけど「根ズレ」には弱いのが理由でしょ。キツイ根で根魚やオニカサゴを狙う時、PEが6号でも手で引っ張ってキレる位に根ズレで弱ります。最近はノットでリーダーにフロロ使って根ズレ対策って手もありますが、昔から言ってました? そんな事…。

確かに最近のPEは以前のものより細くて丈夫にはなっていると思いますが、号数を変えて巻替えないとその釣りものをやらせないというのなら、私は行きません。マツリの原因は電動リールの「早送りシステム」や、サミングもせずに仕掛けを投入する人が多いからです。PEを1~2号細くしたところで、どれほどの違いがあるのか。たかが10mちょっとの釣りものでPEは1号とか指定するのはおかしいし(同じ号数でも太さはメーカーによって違う)、餌木の号数まで0.5単位で指定するのも変です。それは釣り人の自由(創意工夫)であって、船宿に指示されることじゃないと思いますが。もっとも、「あくまで参考です」とする船宿もありますけど。

逆にライトタックル(文句ばかり付けていますけど…)と通常タックルを同船させるという「おおらか」な船宿も増えたような…。ルアー釣りの客を同船させるにしても左右に分けない「おおらか」な船もあります。ハイ、オマツリしましたけど、若いルアーマンはお約束の「お互いすいません」もしない人が多い。船宿も客が欲しいのは分かりますけど、もう少し考えてください。変な例えですが、常連やグループ客をチヤホヤする船宿は一般の釣り客が敬遠して、逆に客が減るというように、狙いとは裏目に出る事があります。以前は錘の号数統一(これは合理的)にはうるさかった船宿が急に80号の錘と60号~40号の錘を同船させるのは「何で?」。ヒラメで60号の錘しょわせて、ライトタックルでもOK、なんて笑ってしまいます。鹿島や波崎ではもともと60号でやっていましたよ。

ハイ、私の密かな疑いです…。船宿と釣り具メーカーは色々とお付き合いがあるでしょうけど、釣り具メーカーの販促に船宿が付き合っているのでは…。釣り具メーカーが「こうすればお客が集まりますよ」なんて言ったりして。某船宿の船長は釣り具メーカーをかなり嫌っていて「あいつらに釣りの事が分かるか」なんて暴言を吐いていらっしゃいますが、話を聞けば船長の方が合理的。

船宿さん、考え直してくださいよ。ビギナーにある程度の事をお教えするなら良いのですが、いきなり「これじゃないとダメ」とか、いままで厳しかったのが「ハイ、OKですよ」なんてのはどう考えても変ですよ。今までやっていたことは何なんですか。釣り具メーカーも大変でしょうけど、某社の「画期的な軽量新素材」の穂先がアチコチで折れてるって話、知ってます?

ウーン、やっぱりオヤジの愚痴になりました。ご容赦。

釣り釣り徒然記 目次へ




【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.