房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

釣り釣り徒然記 その45「ライトタックル これはありか…」



釣り徒然 本サイトで「ライトタックル」なるものに対してネガティブな思いを持っていると何度か書きましたが、その一番の理由は「メーカーの事情(売りたい)」による節操のない提案で、それはファッション化、流行であるということと、もう一つは、釣趣が面白みの無いものになって行くという点です。それに関しては極めて個人的なものである事は認めます。ですから、ライトタックルで釣りに臨む人がどうのこうのとは思いません。

そもそもライトタックルなる釣りは、「ルアー釣り」で開発した軽いタックルを「餌釣り」に持ち込んだだけで、使用場面を沖釣りに広げようとするメーカーのマーケティング戦略なのでしょう。ルアー釣りでヘビーなタックルは使えませんから、軽くて丈夫なタックルが生まれたのはメーカーの努力によるもので、それはそれで敬意を表せます。

もともとライトタックル的な釣りは昔からあって、内房上総湊辺りの「手バネシャクリマダイ」や、大原が発祥と云われる「ヒトツテンヤマダイ」で、そのヒトツテンヤの原型は「手バネシャクリ」にあります。手バネシャクリの中錘がマダイの当たりを分かりにくくするため、その中錘を外した釣法としてヒトツテンヤマダイという、スピニングリールを用いたスタイルが確立されましたが、これは漁師が考案したものです。遥か昔からあった伝統的なマダイ釣法である「ビシマ釣り」などは、竿も使わない超ライトタックルでしょう。

で、先般ヒラメ釣りに行ったら、ベテランが揃っている時は昔ながらのムーチング竿が船べりに並んでいますが、どちらかというと若い人たちが多い時は、左舷だけで云えば、私以外皆、ライトタックルでした。ヒラメ釣りの景色も随分と変わったものです。

私は相変わらずムーチングの長いグラス竿でヒラメを狙っています。ライトタックルはリールのドラグ性能を駆使してやり取りするようですが、私は竿のしなやかさでやり取りするのが楽しい。それはそれで個人の好みなのですが、ある時、同じ世代の釣り師が、ライトタックルに転向しました。ライトタックルは流行だと思っていますから、「ついにか…。」と思い、「それ、面白い?」と聞いたら、戻ってきた返事が「いや、肩を壊しちゃって、重いタックルがキツくて…」とか…。

なーるほど。そういう事もあるわな。よく考えてみれば、私もこの重い3.3mのグラス竿を片手で操れるのはいつまでか…。うーん、そうか、確かに。いつかは私もライトタックルに変わらざるを得ないのかな。ライトタックルは若い世代のスタイルで流行、ってなイメージを持っていましたが、ムーチング竿を操っているベテラン連中も、いずれライトタックルを片手にズラッと船べりに並んだりして。私も…。

まあ、それはありか…。

釣り釣り徒然記 目次へ




【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.