房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

釣り釣り徒然記 その48「外房大原のヒラメ・フグの解禁が10月から9月に…」



釣り徒然 昨シーズンのヒラメ船で(転んで)痛めた右足と左肩がようやく何とか痛みが取れてきたので、そろそろ釣りにでもと思い、久々に船宿のホームページを覗くと、ありゃま、9月なのに「ヒラメ船」…! もしやと思ってフグを見てみると、これまた9月に解禁。へー…。ヒラメの産卵期は地域によって違いますが、外房辺りだと春先から夏にかけてだと思います。だから「資源保護」ということで、5月~9月は禁漁期にしていたのに。フグも産卵期は梅雨位から夏で、これまた「資源保護」のため、ヒラメと同じような時期が禁漁でした。

たかが1ヶ月とはいえ、それをここにきていきなり前倒しするとは…。まあ、東京湾や、外房でも飯岡辺りでは年中狙えますけど、やはりヒラメ・フグを釣るなら外房は某大原と決めていた私にとって、少々驚きです。何故か? 禁漁期があるという事は「海をゆっくり休める」という事であり、ヒラメやフグの産卵を邪魔せず、大原では稚魚の放流事業も積極的に取り組んでいるようで、この禁漁期があるが故に釣りものに「旬」の趣があって、それが好きだったからです。「そうか、もう10月で秋…。ヒラメとフグの季節か。今年も楽しませてもらおう」などという季節感があったのですけど、それがまだ夏の気配が残る9月に解禁とは…。

何故でしょうね? 鹿島はまだ11月がヒラメ解禁のようです。しかし、フグは年中やっていますが。多分…、ですが、ここ数年、油代の値上がりや頻発する台風でお客が集まらなくなったから、大原の看板であるヒラメ解禁を早めたのでは…。それに付き合ってフグも9月に解禁となったのでは…。もしそうだとしたら、理解はできますが、ちょっと引っ掛かることも…。

以前からこの「徒然」で「どうも各漁港から釣り客の姿が少なくなってきているような…」と書いてきました。まあ、何にでも流行廃れのようなものはありますから、時期的に客足が遠のいたとしても不思議ではないのですが、釣りは日本という「海に囲まれた」国のスタンダードな遊びであり、そうそう廃れたりはしないと思います。しかし、客足が遠のいている(と感じる)理由として、いまや、船釣りというレジャーがゴルフよりも割高となってしまっていることを挙げました。油代の高騰で船代が値上がり、もちろん車でのガソリン代も負担が増えるし、高速代のいきなりの優遇措置廃止(日本の高速代は世界的にもかなり高い)。油代などは今は下落しているのに、船代は上がったままです。一度上がったものは下がらないのでしょう。

それに加えて、ライトタックルやルアーとかで釣り自体が「工業製品」のようになって、釣趣そのものが大きく変わってしまったこと、それに伴って、客筋が変わって、釣りのストイックさが薄まってきていることも個人的には影響しているように思います。もっとも、これは好き好きでしょうけど。

いずれにしても、今年は肩の痛み(〇〇肩ではありません)で「釣りの無い夏」でした。ヒラメでもフグでもやりたい事はやりたいのですが、どうにも汗をかく季節に釣るイメージが湧きません。肩は手術をすればもう少し早く治せたのですが、要は首にメスを入れるわけですから、これはダメ(ビビる…)。魚を〆続けてきた祟りか…。漁港(漁業組合)にはそれぞれの事情があるのでしょうが、ここは秋風が吹くまでジックリと肩を治して、去年ハマりかけたフグ地獄でも楽しみましょうか。

願わくば、地域を挙げての振興策として、船釣りがもっと財布に優しくなるよう、房総半島のモリケン知事さんに頑張ってほしいものです。台風は止められないでしょうが…。

釣り釣り徒然記 目次へ




【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.