房総釣り師の釣行記 船釣り タイトル

釣り釣り徒然記 その49「悪夢がよみがえる… 12月の晴れあがった空に冷たい風…」



釣り徒然 実は私は大の猫好きです。なんやかやと公私にわたって忙しい一週間が過ぎ、仕事が一段落して窓の外を見ると、前の公園に猫が3匹転がっていました(私の仕事場は自宅。フリーランスです)。その3匹はいわゆる地域猫です。天気がいいので公園で日向ぼっこというところでしょう。私も公園で猫と遊ぼうと外に出ました。すると、部屋の中にいると陽射しで暑いくらいの天気なのに、外は風が強く、しかも北寄りからの風。初冬とはいえちょっと肌寒い。猫と遊んで楽しいのですが、その時に嫌な予感がしました。

仕事が忙しい最中は「釣り」の事など考えぬようにしていたのですが、週末を迎えて少し落ち着いたので、今週はマダイにでもと思っていたのですけど(ヒトツテンヤがいいか、コマセがいいか、なんて…)、この天気にこの風。しばらく天気図(釣り予報)なんて見ていませんでしたが、数年前(思い出したくない…)の「爆弾低気圧」の事を思い出しました。これは沿岸に発生した低気圧がいきなり台風並みに発達する奴です。発生する場所が日本沿岸ですから「台風」とは呼ばず、このように呼ぶそうです(気象庁も正式にはあまり使わない呼称だそうですけど)。

天気図右の画像をご覧ください。上の画像は12月4日午前9時時点での天気図…。既に北から北東に3つの台風クラスの低気圧が並んでいます。「…」。そしてその下の画像は同日午後9時の予想天気図です。北に、「ダンゴ三兄弟」と呼びたくなる位に、見事に低気圧が並んでいます。全て、台風並みの強さです。日本列島を等圧線が北から一寸刻みにしています。北風が強い筈です。一番下の画像は、同日午後3時の「波情報」です…。日本列島の背中とお腹がジャブジャブと洗われています。

冒頭で「嫌な予感」といったのは、以前、このような状況の後に「悪夢」の「同日午前・午後船連続ボウズ」という見事な記録を打ち立てたことです。ある意味、見事でした。ン十年の釣り経験で、その一度だけ…。要は爆弾低気圧で "shake it up, baby" された海の底がミキサー状態で、なかなか底荒れが取れない海況が続くという事です。こうなると、マダイどころではなく、ヒラメ、フグ、根魚は海の中でジッとして、視界が晴れるのを待つようで、全く口を使いません(積極的な捕食活動をしなくなる)。つまり、釣れません…。その時の悲惨な経験は「ヒラメ釣り編その5」で書きましたが、確か今頃の時期で、天気がとてもよかったのを覚えています。爆弾低気圧なる言葉もその時に初めて耳にしました。海が落ち着いたので「ヨッシャ!」と張り切って午前・午後船通しで行ったのですが…。マルボウズ、ツルッパゲ、オデコ&オデコ…。
誰も口数は少なく、私も空を見上げて「いい天気だなあ…」と言うのがやっとでした。

天気図ネタは兄弟サイトの「ボート釣り」でたまにやるのですが、ボートの場合は天気にかなり神経質とならざるを得ないからですけど、船でも、この爆弾低気圧では、もうお手上げ…、でしょう。

この週末は公園で猫と遊びましょう…。そういえば、三代目三遊亭金馬師匠の「江戸前つり師」に、釣りに行けないので、家でネズミを釣った話があったような…。煮干しで猫、釣ったら…、近所中の大ヒンシュクを買うでしょう。変なオヤジの動物虐待なんて新聞に載って笑われたりして。

とにかくこの三年間ほど、天気にはホント、恵まれません。持っていない私…。

釣り釣り徒然記 目次へ




【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.